『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

『Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

米国消費者製品安全委員会の告知ページによれば、ヘルメット内部の布にはカビが発生する可能性があり、もし吸い込めば免疫機能の低下や肺へのダメージ、カビアレルギー、その他感染症といった呼吸器系に対するリスクをもたらすと注意を促しています。

対象商品は約20,000個と報告されているものの、製造元のChronicleは実際に消費者に出荷されたのは32個であるとし、既に消費者を特定しリコールについて直接通知したとのこと。また、Bethesda Softworksも声明を出しており、今回のリコール対象はGameStopで限定販売された「Power Armor Collectible Helmets」のみで「Fallout 76 Power Armor Edition」同梱のヘルメットは影響を受けないと伝えています。

「Fallout 76 Power Armor Edition」
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

    オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

  2. 『レッド・デッド・オンライン』チーターがストリーマーになりすまし、不正行為の濡れ衣を着せようとするケースが多数発生中

    『レッド・デッド・オンライン』チーターがストリーマーになりすまし、不正行為の濡れ衣を着せようとするケースが多数発生中

  3. 倒した敵を食べてパワーアップするローグライトRPGシューター『Bite the Bullet』配信開始!

    倒した敵を食べてパワーアップするローグライトRPGシューター『Bite the Bullet』配信開始!

  4. デジタル画像の基礎となる“ピクセル”を生み出したRussell Kirsch氏が91歳で死去

  5. 「Steamゲームフェスティバル」再び!「オータムエディション」が10月開催へ

  6. 大規模RTAイベント「RTA in Japan Online 2020」開幕! 49作品のRTAが四日間にわたって実施

  7. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  8. 鳥取県がCERO「Z」区分のゲームを青少年に販売した事業者への罰則明確化へ―過去には愛知県や三重県などでも

  9. Xboxのフィル・スペンサーが『あつまれ どうぶつの森』によるトーク番組に出演―XSXや『Halo Infinite』について語る

  10. 『ロケットリーグ』日本一決定戦「ガリバーカップ 2020」のプレイベントが8月22日開催! 大会仕様の特設ステージも登場

アクセスランキングをもっと見る

page top