『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

『Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

米国消費者製品安全委員会の告知ページによれば、ヘルメット内部の布にはカビが発生する可能性があり、もし吸い込めば免疫機能の低下や肺へのダメージ、カビアレルギー、その他感染症といった呼吸器系に対するリスクをもたらすと注意を促しています。

対象商品は約20,000個と報告されているものの、製造元のChronicleは実際に消費者に出荷されたのは32個であるとし、既に消費者を特定しリコールについて直接通知したとのこと。また、Bethesda Softworksも声明を出しており、今回のリコール対象はGameStopで限定販売された「Power Armor Collectible Helmets」のみで「Fallout 76 Power Armor Edition」同梱のヘルメットは影響を受けないと伝えています。

「Fallout 76 Power Armor Edition」
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

    『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

  2. いたずらってレベルじゃねえ!『バイオハザード RE:2』タイラントを「ガチョウ」に変えるModが制作進行中

    いたずらってレベルじゃねえ!『バイオハザード RE:2』タイラントを「ガチョウ」に変えるModが制作進行中

  3. 『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

    『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  4. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  5. 80年代の音楽レコードにコモドール64のプログラムが隠されていた! カセットテープに録音して実行可能

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. もう怖くない?PC版『バイオハザード RE:2』からタイラントを削除するModが登場

  8. ガチョウになって悪戯しまくるステルスACT『Untitled Goose Game』配信開始!

  9. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  10. 『バイオハザード RE:2』R.P.D.仕様のZippoが登場!ユーズド加工が格好いい…

アクセスランキングをもっと見る

1
page top