『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

『Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

米国消費者製品安全委員会の告知ページによれば、ヘルメット内部の布にはカビが発生する可能性があり、もし吸い込めば免疫機能の低下や肺へのダメージ、カビアレルギー、その他感染症といった呼吸器系に対するリスクをもたらすと注意を促しています。

対象商品は約20,000個と報告されているものの、製造元のChronicleは実際に消費者に出荷されたのは32個であるとし、既に消費者を特定しリコールについて直接通知したとのこと。また、Bethesda Softworksも声明を出しており、今回のリコール対象はGameStopで限定販売された「Power Armor Collectible Helmets」のみで「Fallout 76 Power Armor Edition」同梱のヘルメットは影響を受けないと伝えています。

「Fallout 76 Power Armor Edition」
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

    『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  2. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

    Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  3. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

    【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  4. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  5. 伊藤潤二風味のコズミックホラーRPG『恐怖の世界』早期アクセス開始ーSAN値を削る新トレイラーも

  6. 映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

  7. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  8. 観客も巻き込むローグライトなコンバットレーシング『Bloody Rally Show』Steamにて配信開始!

  9. 「東京ゲームショウ2020」開催概要が発表!今年のテーマは「未来は、まずゲームにやって来る。」

  10. PC版『SEKIRO』にボスラッシュModが登場!ボス戦を無限に戦える

アクセスランキングをもっと見る

page top