荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表

e-SportsプラットフォームFACEITが、荒らしプレイヤーに対しAIを利用した対策に着手。有害メッセージは1月ほどで20%減の効果。

ニュース ゲーム業界
荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表
  • 荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表
  • 荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表
e-SportsプラットフォームFACEITは、いわゆる“荒らしプレイヤー”への対策の成果報告を公式ブログにて行いました。

成果で特筆すべき点は、近年各分野にて成長著しい“AI”の利用を荒らしプレイヤーに対し開始したこと。この導入は、コミュニティからの「全試合を見る公平な管理者が欲しい」という要望に答えるためであるとしています。

導入された管理AI「Minerva」は、管理者に求められる「試合中に発生するあらゆる種類の荒らし行動の迅速な特定」「荒らしに対する迅速な対処」「荒らしプレイヤーへの警告」の3要素を実行することを目的として構築。既にFACEIT上で『CS:GO』向けに動作している最初のバージョンではテキストチャットに焦点を当て、自動での警告やスパム判定、また複数回の違反に対し随時ペナルティを高めていくといった振る舞いを行うとのことです。

「Minerva」は2019年8月下旬に導入後、90,000件の警告と20,000件の禁止を発行しており、有害なメッセージは8月の2,280,769件から9月には20.13%減の1,821,723件に減少したとのことです。

FACEITは、今後あらゆる種類の不正に対し「Minerva」を有効にできるよう改善を続けていく旨を発表しました。e-Sportsに限らず対戦ゲームでは大きな問題となる荒らしプレイヤーに対し、いずれは多くの人気ゲームで機械による柔軟かつ迅速な対処が一般化する日が来るのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

    Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  2. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

    『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  3. 初代『Prey』開発元Human Head Studiosが閉鎖―従業員はBethesdaの新スタジオRoundhouse Studiosへ

    初代『Prey』開発元Human Head Studiosが閉鎖―従業員はBethesdaの新スタジオRoundhouse Studiosへ

  4. 『CoD:MW』725ショットガンの射程距離がさらに短縮…チャレンジの不具合なども修正

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『GTA』『RDR』のRockstarが次世代機向けオープンワールドゲームの開発者を募集中

  7. 高品質アセット制作のQuixelがEpic Gamesの一員に! ツールの無料化も予定

  8. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション シフティングタイド」のパッチノートが公開!

  9. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  10. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

アクセスランキングをもっと見る

page top