Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

アイコンに「仮」と書かれた実績。「Zバージョン」にも発見されたため、海外ファンは事故ではないと指摘しています。

ニュース
Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも
  • Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも
  • Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも
  • Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも
  • Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

カプコンの名作サバイバルホラーリメイク『バイオハザード RE:2』。そのSteam版で、奇妙な実績が発見されました。

『バイオハザード RE:2』の実績リストが更新、その中に「仮」と書かれたものがあることをReseteraにて海外ファンJawmuncherさんが報告。Steamのグローバルプレイデータは日本からも確認することが可能で、その場合は「unlock」という画像とともに「JP_name」と名付けられていることが確認できます。なお、Jawmuncherさんは「Zバージョン(日本のみの発売)」にも同様の実績があることから、これは事故ではない、と指摘しています。


THE GHOST SURVIVORS」などの展開はあったものの、以降のDLCについてのアナウンスはない本作。動向に注意していく必要がありそうです。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. セクハラ・パワハラで告発のDangen EntertainmentのCEO、Ben Judd氏が辞任―BitSummitからも離れる

    セクハラ・パワハラで告発のDangen EntertainmentのCEO、Ben Judd氏が辞任―BitSummitからも離れる

  2. 『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

    『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

  3. SIEの『Predator: Hunting Grounds』はPC版も同時発売!Epic Gamesストアにて

    SIEの『Predator: Hunting Grounds』はPC版も同時発売!Epic Gamesストアにて

  4. 『キングダム ハーツ III 』追加DLC「Re Mind」の発売日が1月23日に決定

  5. 魔法を駆使するバトルロイヤル『Spellbreak』PS4版が2020年春にCBT予定

  6. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  7. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  10. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top