新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作

初代『Quake』エンジンベースのレトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』の早期アクセスが開始に。

PC Windows
新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作
  • 新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作
  • 新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作
  • 新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作
  • 新作レトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』早期アクセス開始!―初代『Quake』エンジン採用作

3D Realmsと1C Entertainmentは、KillPixelが手掛けるレトロ風シューター『WRATH: Aeon of Ruin』の早期アクセスを開始しました。

同作は初代『Quake』ベースのエンジンを用いて開発されるレトロ風の新作シューター。90年代の数々の名作の要素を内包しているという同作では、プレイヤーはアウトランダーとして、怪物うごめく死の世界の様々なロケーションを探索していくことになります。



2020年夏までを予定している早期アクセスでは、ハブワールド及び2つのレベル、5種の武器、8種の敵、4つのアーティファクトが実装済み。今後のコンテンツアップデートと正式リリースを通じて、それぞれに5レベルを備えた3つのハブと、複数のボス、15種以上の敵、9種の武器、10種のアーティファクトとマルチプレイヤーモードが整備されます。



『WRATH: Aeon of Ruin』はSteam/GOG.comにてWindows向けに2,570円/24.99ドルにて早期アクセス実施中です。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『Half-Life』リメイク『Black Mesa』、ついに全編体験可能なパブリックベータ開始へ

    『Half-Life』リメイク『Black Mesa』、ついに全編体験可能なパブリックベータ開始へ

  2. 『バトルフィールドV』自分のサーバーを作成できる「Community Games」が12月9日(現地時間)実装!

    『バトルフィールドV』自分のサーバーを作成できる「Community Games」が12月9日(現地時間)実装!

  3. VR対応アニメ調オープンワールドRPG『Nostos』Steamで配信開始! 日本語対応は一週間から二週間後を予定

    VR対応アニメ調オープンワールドRPG『Nostos』Steamで配信開始! 日本語対応は一週間から二週間後を予定

  4. 伝染病シム『Plague Inc: Evolved』「フェイクニュース」を追加するアップデートが配信、60%オフのセールも

  5. 新適正「暗影」のプレイフィールは?『ArcheAge 6.0 戦慄の暗躍者』先行試遊イベントレポート

  6. 『ETS2』日本マップMod「Project Japan」新バージョン0.3配布開始―1:19スケールでの日本再現を目指す意欲作

  7. 『Conan Exiles』新DLC「ハイボリアの騎行パック」と騎乗戦闘やフォロワーのレベル要素を追加するアップデートが配信!

  8. 『Stardew Valley』1.4アップデート配信開始!―大量のアイテム追加に加え、多くの新規イベントも

  9. ドラゴンとして生活するオンラインサンドボックス『Day of Dragons』Kickstarter進行中、既に約4,400万円を調達

  10. 現代社会に潜む闇描くADV『Mosaic』配信開始―孤独な社会人のダークでシュールな物語

アクセスランキングをもっと見る

1
page top