「ゲーム依存」初の全国調査実施―長時間ほど仕事や健康に悪影響という結果に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ゲーム依存」初の全国調査実施―長時間ほど仕事や健康に悪影響という結果に

「ゲーム障害や依存症を治療するためのガイドラインはほとんどなく、今後、調査結果を治療に生かしていきたい」

ゲーム文化 カルチャー
Getty Images (C)
  • Getty Images (C)
  • Getty Images (C)
Getty Images (C)
Getty Images (C)

「ゲーム依存」についての初の全国調査が実施され、ゲームを長時間プレイするほど、仕事や健康に悪影響が及ぶという実態が明らかになりました。NHKが伝えています。

世界保健機関(WHO)は今年5月に、生活に支障をきたす程ゲームに依存してしまう症状を「ゲーム障害(Gaming disorder)」として認定、「国際疾病分類」に加えました。今回実施された全国調査(過去1年間にゲームをプレイした10~29歳の無作為4,400人を対象)によれば、一日あたりのゲームプレイ時間として回答が多かったのは、順に「1時間未満」(40.1%)、「1時間以上、2時間未満」(27.1%)、「2時間以上、3時間未満」(14.6%)、「6時間以上」(2.8%)。

また、この一日あたりのゲームプレイ時間が長いほど、「ゲームを止めなければいけないときにやめられなかった」「学業に悪影響がでたり、仕事を失ったりしてもゲームを続けた」「睡眠障害や憂うつなど心の問題が起きてもゲームを続けた」と答える割合も多かったとのこと。

調査を実施した国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長はこの結果について、「ゲーム障害や依存症を治療するためのガイドラインはほとんどなく、今後、調査結果を治療に生かしていきたい」と述べたとのことです。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  2. チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

    チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

  3. 2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

    2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

  4. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  5. 『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か

  6. 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

  7. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  8. ネタ満載すぎてどうかしてる『PUBG』カオス編集映像「PUBG.EXE RETURNS」公開!

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top