10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

ゲームプレイを分析し、チートや嫌がらせ行為を15,336件も確認。アイデアの発端はValveスタッフの公演だったのだそう。

ゲーム文化 カルチャー
10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN
  • 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN
  • 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

海外ペンテスターの2Eggs(@2Eggsss)さんは、Valveのオンライン対戦FPS『Counter Strike: Global Offensive』のチート利用者を検知する深層学習AI「HestiaNet」を開発しました。

ギリシャ神話に登場する女神「ヘスティア」にちなんで命名したという「HestiaNet」では、『CS:GO』に搭載されているリプレイ検証システム「Overwatch」を採用。チート使用疑惑のあるリプレイ映像を自動で分析・判定し、ユーザーのSteam IDをデータベースに保存します。実際にBAN処分が下された場合は、今後の検知精度向上のためにその情報も統合します。

公開された統計によれば、「HestiaNet」は約一日の稼働で17,659件のケースを分析し、チート使用(および嫌がらせ行為)を15,336件確認。そのうち15,104件がBAN処分となっています。

同AIの開発者2Eggsさんは、イギリスに住む10代の青年。GDC 2018でのJohn McDonald氏(Valveのシニア・ソフトウェアエンジニア)の公演を聞いて、このアイデアを思いついたとのこと。同氏は以前にも、『CS:GO』とSteamに関連する脆弱性を複数発見・報告し、Valveから11,450ドル(およそ125万円)の褒賞金を受け取っていました。

2Eggs(@2Eggsss)さんの公開した統計情報
《S. Eto》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

    『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

  2. 『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

    『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

  3. 異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

    異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

  4. 第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

  5. PC版『ニーア オートマタ』用HDテクスチャーパックModの完成版がリリース

  6. 高評価ドット絵アクションシューター『HUNTDOWN』Steam/GOG版配信開始!暴力的な未来で悪を狩れ

  7. 残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

  8. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  9. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

  10. レトロ風ピクセルアート格闘アクション『沖縄ラッシュ』Steam版デモ配信! 日本語にも対応

アクセスランキングをもっと見る

page top