10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

ゲームプレイを分析し、チートや嫌がらせ行為を15,336件も確認。アイデアの発端はValveスタッフの公演だったのだそう。

ゲーム文化 カルチャー
10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN
  • 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN
  • 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

海外ペンテスターの2Eggs(@2Eggsss)さんは、Valveのオンライン対戦FPS『Counter Strike: Global Offensive』のチート利用者を検知する深層学習AI「HestiaNet」を開発しました。

ギリシャ神話に登場する女神「ヘスティア」にちなんで命名したという「HestiaNet」では、『CS:GO』に搭載されているリプレイ検証システム「Overwatch」を採用。チート使用疑惑のあるリプレイ映像を自動で分析・判定し、ユーザーのSteam IDをデータベースに保存します。実際にBAN処分が下された場合は、今後の検知精度向上のためにその情報も統合します。

公開された統計によれば、「HestiaNet」は約一日の稼働で17,659件のケースを分析し、チート使用(および嫌がらせ行為)を15,336件確認。そのうち15,104件がBAN処分となっています。

同AIの開発者2Eggsさんは、イギリスに住む10代の青年。GDC 2018でのJohn McDonald氏(Valveのシニア・ソフトウェアエンジニア)の公演を聞いて、このアイデアを思いついたとのこと。同氏は以前にも、『CS:GO』とSteamに関連する脆弱性を複数発見・報告し、Valveから11,450ドル(およそ125万円)の褒賞金を受け取っていました。

2Eggs(@2Eggsss)さんの公開した統計情報
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  2. チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

    チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始!

  3. 2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

    2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

  4. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  5. 『RDR2』攻略本に書かれた伝説の魚は“幻”だった?ユーザーたちの1年に及ぶ試行錯誤に決着か

  6. 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

  7. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  8. ネタ満載すぎてどうかしてる『PUBG』カオス編集映像「PUBG.EXE RETURNS」公開!

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top