『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

「人生の大変な時期を乗り越える」ための手助けにもなっていたそう。

ゲーム文化 カルチャー
『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

B『Destiny 2』大型拡張パック「孤独と影」の配信と共に追加された「印(プレイヤータイトル)」。全部で13種類の「印」ですが、これを獲得するためにはそれぞれに対応した「勝利の道のり」すべてをクリアする必要があり、ひとつアンロックするのにもかなりの時間を必要とします。それをコンプリートとなると途方もない道のりとなりますが、海外プレイヤーのDawncraftianさんは13個全ての「印」をアンロック。1,672時間をかけて実現したということです。

「最初は何個かの印で始まったんだ、そうしたら趣味になっていたんだ」とEurogamerに語るDawncraftianさん。「印」集めを始めたきっかけについて「始めた当初は人生の大変な時期を過ごしていて、印をすべて集めることがそんな時期を乗り越える手助けだった」と話しています。

なかでも大変だった「印」は「ブラックアーマリー(鍛冶工)」と、「計算高い者(計算高き者)」なのだそう。「ブラックアーマリー」ではひとつのレアバウンティーが2シーズン続けて出ず、「計算高い者」ではとてつもない量のプライムギャンビットが必要になったり、ギャンビットが苦手なプレイヤーの影響もあったりと、困難な道のりであったようです。



Dawncraftian氏が13個すべての「印」を最初に集めたプレイヤーであるか定かではないものの、間違いなく『Destiny 2』プレイヤーとして自慢できる偉業です。Dawncraftian氏はこれからも追加されるであろう「印」のアンロックにも興味を示しています。
《yakan-boy》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 僕の街も君の街も瞬く間にゾンビまみれ!実際の地理データを使用するゾンビサバイバル街づくり『Infection Free Zone』Kickstarter開始!

    僕の街も君の街も瞬く間にゾンビまみれ!実際の地理データを使用するゾンビサバイバル街づくり『Infection Free Zone』Kickstarter開始!

  2. 「PLAYISM Game Show: Premium Edition」開催延期“出演者発表の誤りとその対応の不手際等”が原因に

    「PLAYISM Game Show: Premium Edition」開催延期“出演者発表の誤りとその対応の不手際等”が原因に

  3. 『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の続報は9月30日「東京ゲームショウ2021オンライン」で披露

    『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の続報は9月30日「東京ゲームショウ2021オンライン」で披露

  4. 『遊戯王』海馬セットが9月21日12時より予約開始!「青眼の白龍」3枚に特製アタッシュケース、豪華セットを見逃すな

  5. 緻密ドット絵が凄い無料ADV『If On A Winter's Night, Four Travelers』Steam版配信

  6. アニメ映画「スーパーマリオ」が2022年ホリデーシーズンに公開決定―宮本茂氏による声優陣発表も

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 「遊戯王」25周年記念“海馬セット”にファン歓喜!アタッシュケースで「これ全部と交換してくれ」が再現できると話題に

  9. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第7回「CRカップ」10月9日開催!質問要望は白雪レイドさんへ

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top