『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

「人生の大変な時期を乗り越える」ための手助けにもなっていたそう。

ゲーム文化 カルチャー
『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

B『Destiny 2』大型拡張パック「孤独と影」の配信と共に追加された「印(プレイヤータイトル)」。全部で13種類の「印」ですが、これを獲得するためにはそれぞれに対応した「勝利の道のり」すべてをクリアする必要があり、ひとつアンロックするのにもかなりの時間を必要とします。それをコンプリートとなると途方もない道のりとなりますが、海外プレイヤーのDawncraftianさんは13個全ての「印」をアンロック。1,672時間をかけて実現したということです。

「最初は何個かの印で始まったんだ、そうしたら趣味になっていたんだ」とEurogamerに語るDawncraftianさん。「印」集めを始めたきっかけについて「始めた当初は人生の大変な時期を過ごしていて、印をすべて集めることがそんな時期を乗り越える手助けだった」と話しています。

なかでも大変だった「印」は「ブラックアーマリー(鍛冶工)」と、「計算高い者(計算高き者)」なのだそう。「ブラックアーマリー」ではひとつのレアバウンティーが2シーズン続けて出ず、「計算高い者」ではとてつもない量のプライムギャンビットが必要になったり、ギャンビットが苦手なプレイヤーの影響もあったりと、困難な道のりであったようです。



Dawncraftian氏が13個すべての「印」を最初に集めたプレイヤーであるか定かではないものの、間違いなく『Destiny 2』プレイヤーとして自慢できる偉業です。Dawncraftian氏はこれからも追加されるであろう「印」のアンロックにも興味を示しています。
《yakan-boy》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

    Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  2. Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

    Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

  3. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

    Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  4. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  5. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  6. 輸送シム『Transport Fever 2』がSteamで配信開始!3つの大陸で陸路、海路、空路をマネージメント

  7. 「The Game Awards 2018」発表内容ひとまとめ【TGA2018】

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 美麗ハクスラアクション新作『Blasphemous』配信開始! 強烈な世界観を見せるローンチトレイラーも披露

  10. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top