『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

「人生の大変な時期を乗り越える」ための手助けにもなっていたそう。

ゲーム文化 カルチャー
『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック
  • 『Destiny 2』に1,672時間を費やした海外プレイヤー、全ての「印」をアンロック

B『Destiny 2』大型拡張パック「孤独と影」の配信と共に追加された「印(プレイヤータイトル)」。全部で13種類の「印」ですが、これを獲得するためにはそれぞれに対応した「勝利の道のり」すべてをクリアする必要があり、ひとつアンロックするのにもかなりの時間を必要とします。それをコンプリートとなると途方もない道のりとなりますが、海外プレイヤーのDawncraftianさんは13個全ての「印」をアンロック。1,672時間をかけて実現したということです。

「最初は何個かの印で始まったんだ、そうしたら趣味になっていたんだ」とEurogamerに語るDawncraftianさん。「印」集めを始めたきっかけについて「始めた当初は人生の大変な時期を過ごしていて、印をすべて集めることがそんな時期を乗り越える手助けだった」と話しています。

なかでも大変だった「印」は「ブラックアーマリー(鍛冶工)」と、「計算高い者(計算高き者)」なのだそう。「ブラックアーマリー」ではひとつのレアバウンティーが2シーズン続けて出ず、「計算高い者」ではとてつもない量のプライムギャンビットが必要になったり、ギャンビットが苦手なプレイヤーの影響もあったりと、困難な道のりであったようです。



Dawncraftian氏が13個すべての「印」を最初に集めたプレイヤーであるか定かではないものの、間違いなく『Destiny 2』プレイヤーとして自慢できる偉業です。Dawncraftian氏はこれからも追加されるであろう「印」のアンロックにも興味を示しています。
《yakan-boy》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『The Last of Us Part II』海外版声優がTwitter上で脅迫を受けていることを告白

    『The Last of Us Part II』海外版声優がTwitter上で脅迫を受けていることを告白

  2. 『ウォッチドッグス レギオン』も登場! 近日開催の「UBISOFT FORWARD」ティーザートレイラー公開

    『ウォッチドッグス レギオン』も登場! 近日開催の「UBISOFT FORWARD」ティーザートレイラー公開

  3. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  4. CEOの未成年へのセクハラ告発受け、格闘ゲームイベント「EVO Online」が開催中止に

  5. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  6. ピストン付きの車や巨大ウォーカーで難所を乗り越える『Vandozer』Steam早期アクセス開始!

  7. トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v0.40公開

  8. 「ヘイトスピーチへの対応不足」を理由にソニーがFacebookとInstagramから7月末まで広告撤退を発表

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. これが白亜紀のラクーンシティだ! 『バイオハザード RE:3』ゾンビをティラノサウルスに替えるModが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top