プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』にてベータテストを実施中のゲームモード、「Gunfight Tournament Beta」のプレイレポートをお届けします。

PC Windows
プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート
  • プレッシャーの分だけ「勝ち」が気持ち良い!『CoD:MW』「Gunfight Tournament Beta」プレイレポート

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』のマルチプレイゲームモード「Gunfight Tournament Beta」が、11月26日よりPC/PS4/Xbox Oneを対象に実施中です。このモードでは2vs2で争う「Gunfight」を通し、トーナメント制(全16チーム32人)で優勝を目指します。負けた時点で終了(シングル・エリミネーション方式)となりますが、勝利するたびにXP報酬が入手できるほか、初めて優勝した際には特別なスキンアイテムが獲得できます。

予選・準々決勝・準決勝・決勝を勝ち抜くと、それぞれコーリングカードや武器アクセサリー、武器設計図といった報酬を手に入れることが出来ます(初回のみ、以降はXP報酬のみ入手可能)。

本稿ではそのベータテストで感じたインプレッションをお届け。細かな内容に入る前に、まずは「Gunfight Tournament」を触って感じた良い点と悪い点をそれぞれ挙げてみます。なお、本稿は12月3日時点の状況を基に執筆しています。同モードはベータテスト段階であるため、バランス調整や仕様変更が施される場合があることにご留意ください。

良い点
・武器や装備が4人とも同じ(ラウンド開始時にランダム決定)なため、アンロック状況による有利/不利がない
・優勝が近づくごとに、他のモードにはない緊張感を味わえる


悪い点
・それぞれのラウンドは素早く終わるものの、勝ち進めば進むほど拘束時間が長くなる。優勝する場合は最短でも24ラウンド戦う必要がある


アンロック状況による有利/不利がない


従来の「Gunfight」ルールの特長はトーナメントでも健在です。「Gunfight Tournament Beta」では、レベル1であろうとレベル155であろうと全く同じ条件で競うことになるため、プレイヤースキルに自信のある方であれば、他の「Team Deathmatch」や「Domination」といったルールよりも有利に戦うことが出来る可能性もあります。また、ラウンド開始時にランダムに装備が決定されるため、普段は使用しないような武器のXPを稼げるというメリットも。

筆者が実際に遭遇した、レベル155(現時点での最大レベル)とレベル10台という両極端な組み合わせの相手チーム。マップの知識や操作の慣れといった差はあれど、使う武器は全員同じなので、アンロック状況による有利不利はありません。

他のモードにはない特別な緊張感


勝とうが負けようが一回きりの勝負だった従来の「Gunfight」モードと異なり、「Gunfight Tournament Beta」は勝利を重ねて優勝を目指します。一戦ずつ勝ち上がっていくたびに、「ここで負けたら今までの勝利が水の泡になる」という危機感が増していくのが本モードの特徴と言えるでしょう。

無事に勝ち抜いた時の安堵感は、従来の「Gunfight」モードでは味わえない感覚です。

心理的負担が大きくかかる分、バディと力を合わせて優勝できたときの喜びはひとしお。このときのバディは顔も声も知らない偶然マッチングしたプレイヤーでしたが、思わず抱き合ってお互いの健闘を称え合いたい衝動に駆られました。

「Gunfight Tournament Beta」優勝報酬の.50 GS用設計図(レア)「Royal Decree」。エイム時の連射速度と安定性を向上する「マッチグレードトリガー」、反動制御が向上する「ラバーグリップテープ」、武器PERK「稼ぎ屋」があらかじめ付属しています。

バディと力を合わせて勝ち取った栄光……!

勝ち進めば進むほど拘束時間が長くなる


1ラウンドあたり1分弱で決着がつくとはいえ、1戦あたり最短6ラウンド。優勝するころには、最短でも24ラウンドは戦うことになります(最長で44ラウンド)。このプレイ時間に加え、マッチング待機や他チームの決着待ちもあるため、勝ち進むと結構な長丁場になる場合があります。

予選・準々決勝・準決勝と3戦を勝ち抜き、ようやく決勝戦にたどり着いた筆者とバディ。結構な数のラウンドを戦ってきました。

途中退出は可能ですが、これまで一緒に戦ってきたバディに迷惑がかかってしまうため、なるべく途中退出の可能性がないタイミングでプレイするのが好ましいでしょう。連戦を前提としているため、手軽さは従来の「Gunfight」ルールほどではありません。

ゲーム開始時のトーナメント表。予選・準々決勝・準決勝・決勝と勝ち進んでいく必要があります。



競技性の高さと、ラウンド毎の展開の早さが持ち味の2v2対戦モード「Gunfight」。トーナメントルールを採用した「Gunfight Tournament Beta」では、緊張感・達成感・連帯感が大幅に強化されています(その分、手軽さは薄くなりましたが)。「Team Deathmatch」や「Domination」、「Headquarters」といった中~大規模ルールとは全く異なる感触となっているので「新しい刺激が欲しくなってきた」「腕だけがものを言うフィールドで戦ってみたい」という方は、一度「Gunfight Tournament Beta」に参戦してみてはいかがでしょうか。なお、筆者自身は遭遇しませんでしたが、ベータテスト段階ということで、不具合が複数報告されているようなので、ご注意ください。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』はPC/PS4/Xbox One向けに発売中。「Gunfight Tournament Beta」は、全プラットフォーム向けに期間限定で配信されており、終了日は未定となっています。詳細はこちら(リンク先英語)をご確認ください。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』配信されたパッチ1.1にてクエストの進行不能バグが発生か

    『サイバーパンク2077』配信されたパッチ1.1にてクエストの進行不能バグが発生か

  2. 目にも留まらぬ早業で撃った鉄砲ストライク!?『HITMAN 3』ドバイステージ「8秒」クリア映像!

    目にも留まらぬ早業で撃った鉄砲ストライク!?『HITMAN 3』ドバイステージ「8秒」クリア映像!

  3. 『サイバーパンク2077』のパッチ1.1が配信―メモリ使用の改善やセーブ、起動・終了時のクラッシュ修正など

    『サイバーパンク2077』のパッチ1.1が配信―メモリ使用の改善やセーブ、起動・終了時のクラッシュ修正など

  4. 勤めた会社がブラックすぎる!惑星探索ADV『Journey to the Savage Planet』Steam版が1月29日リリース決定

  5. 圧政に抗いシャーウッドの森に村を築け―RPG&シティビルダー『Robin Hood - Builders Of Sherwood』が発表

  6. Ryzen搭載のスイッチ風ゲーミングUMPC「AYA NEO」登場!『サイバーパンク2077』もプレイ可能【UPDATE】

  7. 『サイバーパンク2077』むちむちボディなメカニック「クレア」の二の腕とふとももが、私の心を掴んで離さない

  8. 4月15日発売の競馬SLG最新作『Winning Post 9 2021』新たな配合理論などの新要素が公開

  9. ゴブリンの屍を超えてゆけ!?ゴブリン繁殖&戦闘ストラテジー『Goblin Stone』Steam向けに2021年11月リリース

  10. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

アクセスランキングをもっと見る

page top