『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表

Co-opシューター『Killing Floor 2』にて、『ワールド・ウォーZ』開発スタジオSaber Interactiveとの協力によるコンテンツ開発が発表されました。

ニュース 発表
『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表
  • 『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表
  • 『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表
  • 『Killing Floor 2』が2020年春から『ワールド・ウォーZ』開発スタジオと協力してのコンテンツ開発を発表

Tripwire Interactiveは、Co-opシューター『Killing Floor 2』において、『ワールド・ウォーZ』の開発スタジオSaber Interactiveとの協力を発表しました。

これは『Killing Floor 2』の2019年開発状況の報告にて明かされたもの。公開された記事では、追加武器や新ゲームモードなど2019年に取り組んだ様々なアップデート内容について振り返り、その後2020年からの開発計画の一部を公開しています。

その中で、2020年春の季節限定アップデートから、Saber Interactiveと協力して本作の機能とコンテンツを開発することが発表されました。プロダクトリーダーのDavid Amata氏はこの決定の理由について、1年間に渡る徹底的な調査の結果、同スタジオが本作のアイデンティティとゲームプレイに最適な技術および創造的スキルセットを持っていることが分かったためだとしています。なお、現時点では両スタジオの協力が発表されただけであり、具体的にどのようなコンテンツが予定されているかなどは不明です。

過去には『Half-Life 2』リメイク開発や『Days Gone』のマルチプレイ要素への協力など、外部へ積極的な動きを見せていたSaber Interactive。今回の協力による新たな化学反応に期待です。

『Killing Floor 2』は、Steamおよび海外PS4/Xbox One向けに配信中です。
《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  2. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  3. 週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

    週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  4. 話題作、人気作もお得にゲット!「INDIE Live Expo」開催記念セールがSteam/Xboxで開催中

  5. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  6. もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

  7. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  8. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  9. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  10. ADV『テイルズ・フロム・ザ・ボーダーランズ』最新作が2022年リリース決定!前作から開発元を変更

アクセスランキングをもっと見る

page top