「コミックマーケット97」同人ゲーム事前インプレッション!【突発特集】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「コミックマーケット97」同人ゲーム事前インプレッション!【突発特集】

C97、4日め12/31出展の同人ゲームを事前情報でインプレッション。

連載・特集 特集
「コミックマーケット97」同人ゲーム事前インプレッション!【突発特集】
  • 「コミックマーケット97」同人ゲーム事前インプレッション!【突発特集】
2019年12月28日より東京ビッグサイトにて開催中の「コミックマーケット97」。4日目となる大晦日、12月31日は様々な「同人ゲーム」の頒布が行われます。

オリンピックの影響もあり、例年に比べると大幅に全体の量は少なくなっているものの、それでもかなりの量が会場では頒布されています。そこで、本記事では、突発企画として、事前にカタログやWebなどで分かる情報から注目した作品を、完成品を中心にご紹介します。



南ム31a 電猫遊戯『星樹の機神 ユニティユニオンズ』



ついに完成したハクスラTPS。全体的にまとまった完成度の空気が感じられる作品です。C97では限定版パッケージの他、通常版パッケージ/DLカードを頒布(予価2,000円)。Steam版も発表済み。以前の取材によればSteam版も日本語対応予定であるとしていました。

南ム26b 求道庵『吾妻邸くわいだん』



PS4では既に発売済みの、昔ながらの固定画面式3Dアクションアドベンチャーとポイントアンドクリックアドベンチャーを組み合わせた、不思議な魅力あふれる和風テーマの作品の、近日発売予定のSteam版キーを頒布。あくまで近日発売予定の作品であるため購入後即プレイはできないものの、どうしても日本語対応が後手に回ったり不義理な内容になりがちな同人ゲームにおいて、Steamキーを先行で頒布してくれるというのは嬉しいところかも知れません。テーマソングのCD頒布も行われています。

南メ22b Project Rolling Gunner『Rolling Gunner Over Power』



ニンテンドースイッチでも販売中の横STG『Rolling Gunner』のPC向け拡張パックを頒布。新武装だけでなく新たなスコアシステムなどが実装されています。またステージサウンドにもYack.氏など豪華アーティストが参加。なお、ニンテンドースイッチ版の予定はあるものの「だいぶ先」になるとのことです。C97購入者には得点システムなどを解説した小冊子がプレゼント。「デジゲー博2019」のアーリーアクセス版購入者もDLカードの提示で入手できます。

南メ02b 砂の鶏『練物大戦』



事前情報からは全く内容がわからないものの、怪しい魅力を感じるのがこちら。かまぼこ同士が戦うのはこの際良しとして、画像を見る限り対戦アクションのようであるものの果たして。頒布価格はなんと50円。

南メ45b 丸ダイス『EQUALINE』



数字や記号の配置された9つのマスの上を一筆書きし、ターゲットの数字になるように計算式を完成させていくという思考型パズルゲーム。シンプルながら全体的に整った内容が特徴で、エンドレスモード3種のほか、ミッションモードも搭載。なお、本作はDL販売などは一切予定していないとのことです。

南ム24b ぷるぷるんぷらねっとxときおか研究所『真紅のCrimson Red -SCORE Attack-』



ローラーダッシュなどで移動しながら戦う3Dロボットアクション『真紅のCrimson Red』のスコアアタックバージョン。今作では全6ステージを舞台にゴールへの到達と高スコアを求めて戦いを繰り広げることになります。紹介映像ではかなりの弾幕も。

南ム24a するめまんじゅう『PROJECTSIX C97 Original Soundtrack』



開発中の3Dカスタマイズロボアクション『PROJECTSIX』体験版がセットになったサウンドトラックが頒布。今回の体験版では機体の外見と性能をある程度分けられる「アーマー」システムが新たに実装されています。

南モ08b PhotonSystem『NonetEnsemble 魔法仕掛けの迷宮』



フルボイスの可愛いキャラクターたちが魅力のローグライクRPG。今回の頒布版は前バージョンとなるため、完全版への無料アップグレードが必要です。(要インターネット回線)

番外編:企業ブースにもありますSteamキー


一般的にゲームの頒布が行われるのは各サークルですが、企業ブースでもゲームの販売を行っているところも。中にも「Steamキー」の配布を行っているところもあるようです。

・『食用系少女』

Steam審査を巡るトラブルを覚えてユーザーもいるだろう、台湾の擬人化グルメ美少女企画の経営SLG『食用系少女』も「青海Aホール 企業No1213-1214」にて出展。『食用系少女』だけでなく、先日Steam配信が始まった続編『食用系少女:美食内戦』それぞれのSteamキーや各種グッズが販売されています。また、同メーカーのお米擬人化美少女育成SLG『東津萌米 穂姫』のSteamキー販売も。

・工画堂スタジオ

「青海Bホール 企業No2343」に出展中の工画堂スタジオでは同社の百合ADV『夢現Re:Master』や『白衣性恋愛症候群RE:Therapy』、『シンフォニック=レイン』などのSteamキーが販売。各種の特典も付属しています。なお、同ブースでは日本ファルコムの各作品のグッズも取り扱っています。



コミックマーケット97も最終日を残すのみ。紹介したタイトル以外にも多数のタイトルが会場では頒布されています。参加者の方は体調に気をつけて様々なゲームとの出会いを楽しみましょう。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top