海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌

実際の部屋と寸分違わぬ出来映え。そんな空間で展開される技術のデモが見られます。

ゲーム文化 カルチャー
海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌
  • 海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌
  • 海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌

デザイナーのGreg Madisonさんは、自分の住む部屋とVR空間をリンクさせた動画を公開しました。

Madisonさんが制作した自室は、机やピアノ、あらゆる家具の配置まで実際の部屋と寸分違わぬ出来映え。実際にVRゴーグルをかけたままでも生活できそうな再現度です。

完璧なまでに再現された部屋に気を取られがちですが、これはあくまで現実の空間を活用したアイディアの実験場。この動画では技術の紹介にフォーカスを当てています。机の上で展開する大画面のGoogleマップや、ピアノが隣接する壁に表示された楽譜、腰掛けたカウチの肘掛けからアクセスできるYouTubeなど、AR技術が発達した未来を想起させます。


MadisonさんのTwitterでは、このほかにもVR/AR技術を利用した映像が紹介されています。これらの技術から未来の生活を妄想してみるのも面白いかもしれません。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 魔法カードローグライト『Dungeon Drafters』Kickstarter開始―自分だけの最強デッキを構築せよ

    魔法カードローグライト『Dungeon Drafters』Kickstarter開始―自分だけの最強デッキを構築せよ

  2. ロシア辺境の陰鬱な生活を体感せよ! サバイバルADV『Survive In Russia』配信開始

    ロシア辺境の陰鬱な生活を体感せよ! サバイバルADV『Survive In Russia』配信開始

  3. 映画版「Call of Duty」は、もはやActivisionの「優先事項ではない」―監督が計画の保留を明かす

    映画版「Call of Duty」は、もはやActivisionの「優先事項ではない」―監督が計画の保留を明かす

  4. 『Bloodborne』ねんどろいど「狩人」予約受付スタート!獣狩りの夜がはじまる…

  5. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  6. 『ディアブロ』Netflixアニメシリーズの情報が判明―『オーバーウォッチ』アニメ化の可能性も?

  7. 近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

  8. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

  9. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  10. 新型肺炎で延期の「台北国際ゲームショウ 2020」新開催日は6月25日~28日に!

アクセスランキングをもっと見る

page top