ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】

発売48時間以内のプレイでお届けする爆速プレイレポ。今回はお下品な破壊シミュレーター『Wanking Simulator』です。

連載・特集 プレイレポート
ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
  • ナニを擦ってアレを出す!そしてボクは街を破壊するんだ『Wanking Simulator』俺の“右手”が“勝利”を掴む【爆速プレイレポ】
!注意!本記事には一部性的な表現が含まれます。18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。



最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2020年3月20日にUltimate Games S.AよりPC向けにリリースされた『Wanking Simulator』について生の内容をお届けしたいと思います。



『Wanking Simulator』とは



『Wanking Simulator』は、ポーランドのインディーデベロッパーMrCiastkuが手掛けるシミュレーター。題材としているのは「自慰行為」、そして「破壊行為」です。

プレイヤーは、自慰行為の音がうるさすぎて家を追い出されてしまった主人公“ウィンストン・ゲイ(Winston Gay)”として、腐敗した政府や近隣住民に復讐するため、“ゲイ・ベイ(Gay Bay)”へ舞い戻ることに。ナニを擦りつつ、街を探索しながら、破壊と混沌の渦を巻き起こしましょう。


なお、本作はあくまでジョーク。LGBTのコミュニティに対して侮辱の意図はなく、かつ登場キャラクターと声優は全員18歳以上ということです。

『Wanking Simulator』の実内容に迫る!



ゲームを開始すると、まず目に入るのはパンツ一丁で踊り狂うウィンストンの姿。フロアを沸かす音楽をバックに、キレキレのダンスを披露してくれます。なお、ウィンストンの姿をゲーム中でアンロックしたスキンに変更したり、曲を変えたりすることも可能です。本作は日本語に対応しており、「Language」から「Japanese」を選択することで表示を変えることができます。早速やってみましょう。


あっ……。流石に直接的すぎるので、以降の画面は英語でお送りしたいと思います。機械翻訳のようなぎこちなさはありますが、「Fuck」が全て「性交」になっているなど、これはこれで味があると言えなくもないです。

破壊と混沌を生み出す股間で復讐を果たせ



気を取り直して、ここは思い切り楽しんでやりましょう。操作方法はHキーを押すと出現します。普段はあまり使わないCaps Lockでナニカを「擦る」、「擦らない」を切り替えられる仕様。擦っている間はHPが50まで回復するほか、“マナ(mana)”が溜まり、ゲージを消費することで魔法を放つことも。

基本的に「擦らない」ことで生まれるメリットはないので、擦りっぱなしの状態で攻略することになりますが、確かにうるさいです。耳元でひたすら「パパパパパパパパパパ」という破裂音がするうえ、たまに喘ぐので、忘れたくとも片時たりとも自慰行為の存在を忘れることができません。


なお、この状態では「Cum Shot」ゲージを溜められないので、「殴る」、「蹴る」などの暴行を加えて倒した市民に身体を擦りつけます。人に体を擦り付けるのは別カテゴリになりそうなものですが、いずれにせよこれを行うことでスコアが伸びるほか、溜めたゲージは3種類の特殊攻撃に使用できるので、積極的にこすりつけていきましょう。自慰の基本は以上です。


ストーリーモードでは、ステージごとにいくつかのミッションがあり、それを全てクリアすることで次に進める、という流れ。何かを収集する、といったようなお使い系のものもありますが、大抵の場合は破壊活動に繋がります。そんなこんなで暴れながら自身を強化したり、アイテムを買ったりして、目標を果たしていきましょう。


他にも本作には、ジョン・ディック(John Dick)という、どこかで銀色の腕をぶら下げていそうな顔をしたグラサン男を脱獄させたり、精液でフルーツを育てたりと、おバカ要素が盛りだくさんです。

爽快感溢れるだけじゃない!下(タマ)だけじゃなくて上(アタマ)も使え



燃え盛る復讐心のおかげか、はたまた日頃の鍛錬のおかげか、ウィンストンは警察を含むほとんどの市民を一撃で倒すことができます。マナを消費するジャンプキックなど群れをなす相手を一撃で吹き飛ばす技もあり、戦闘は爽快。射精や魔法といったアビリティ、仲間の召喚、ビールや大麻といったアイテムを使いこなせば、まさに“無双”になれるでしょう。


しかし、敵の攻撃の方が速く、数を利用して攻めてきます。油断は禁物、自慰にうつつを抜かしてはいられません。アビリティの組み合わせ、逃げの一手、回復の手段をうまく講じていく必要があります。筆者も何回か倒され、ようやくコツを掴めました。

なお、倒れてしまったときにはそのステージの最初からやり直しに。ストレスになるときもありますが、かなりスリルがあります。勢いに任せただけの人生ではいけない、ということを暗に示してくれているのかもしれません。

ボリューム満点!お腹いっぱいまで楽しめる



ゲイ・ベイは暴れまわるには少々狭い街ですが、できることは破壊活動だけではありません。例えば、バスケットボール。ゴールにボールを投げ入れるだけのシンプルなものですが、暴れ疲れたときには十分な癒し要素です。その他にもシークレットが隠されているなど、息抜きになるようなものが散りばめられています。


「ストーリー」以外にも、ウェーブ制の戦闘を楽しむ「アリーナ」、アスレチック風のステージを踏破していく「パルクール」、自由に暴れまわれる「サンドボックス」などのゲームモードがあり、“バカゲー”とは異なった味わいを楽しめます。1つ1つが製品として売れるほどのクオリティか、と問われれば疑問ですが、熱量は十分に伝わってくる、と感じました。


そして、無料のDLC「Wankhan」も収録されています。何処かで聞いたような名前の新種のウイルス「FAPID-19」の治療薬を盗んだ悪者たちをウィンストンたちが退治するお話です。ゲーム内のメニューに有る枠と「DLCs」という文言を見るに、以降もDLCが発表されそうな雰囲気。ボリューム満点、お腹いっぱいになれること間違いなしですね。


破壊欲と性欲を持て余している方は、『Wanking Simulator』で股間から混沌を生み出してみてはいかがでしょうか。

なお、本作はスペシャルプロモーションの対象として、3月27日まで15%オフの858円で購入できます。

タイトル:『Wanking Simulator』
対応機種:PC(Steam
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2020年3月20日
記事執筆時の著者プレイ時間:3時間
価格:1,010円

《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top