『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】

2020年4月10日にJKM corpよりPC向けにリリースされた『Shadow Gangs』について生の内容をお届けしたいと思います。

連載・特集 プレイレポート
『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】
  • 『SHINOBI』オマージュACT『Shadow Gangs』―凶悪難易度を乗り越えろ!そして君は豊富なネタが分かるか【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2020年4月10日にJKM corpよりPC向けにSteamでリリースされた『Shadow Gangs』について生の内容をお届けしたいと思います。



『Shadow Gangs』とは


『Shadow Gangs』はアーケードスタイルの横スクロールアクションゲームです。シャドウギャングと呼ばれる犯罪組織から家族を救うため主人公の忍者が1人戦いを繰り広げます。アーケードのアクションゲームや他作品からのパロディが大量に詰め込まれているのも特徴的な部分です。

『Shadow Gangs』の実内容に迫る!



本作は、いわゆる横スクロールタイプのアクションゲーム。ライジングニンジャ、ニンジャ、クリムゾンニンジャの3つの難易度が選べ、ニンジャ以上の難易度では相手の攻撃を一度受けると即死というストロングスタイルです。難易度ライジングニンジャのみ、左下にHPゲージが表示され、相手の攻撃を3回受けることで1ミスになる仕様に変わります。出現する敵も少し減るのでかなり遊びやすくなりました。

逆にクリムゾンニンジャに変更すると、即死は変わらず、敵が増えるつくりです。この敵の増え方が非常にいやらしく、アクションゲームが得意なプレイヤーでも苦労するパターンが増えてきます。なお、いずれの難易度でもコンティニューはステージの一番最初から。ボス戦含め各ステージには3シーンほどが用意されているため、実際にはステージはかなりの長さとなります。


基本操作は移動・攻撃・地雷・“漢字”の4つ。攻撃は基本的に手裏剣を投げ、敵が近い場合に自動的に近接攻撃に切り替わります。地雷は文字通り地雷を設置、ボス戦で役に立つ技でした。漢字は術を使って画面全体に攻撃できます。地雷・漢字どちらも後述するパワーアップ状態でのみ使える大技な上、道中で消費アイテムを拾わないと使えません。


道中でNのアイテムを拾うと赤いニンジャ装束を着こみパワーアップします。パワーアップ状態では近接攻撃の威力がアップし、遠距離攻撃も手裏剣からサブマシンガンへと変わります。……なんで?


画面左にいる捕獲されたニンジャ、彼らを全て救出すればゴールが開きます。画面の右下にあるH5の表示が救出が必要な残りニンジャの数です。


Bのアイテムを拾うと怪しげな場所に転送され、ボーナスステージが始まります。建物の窓ガラスを破り次々に現れる黄色いニンジャを全て倒すという内容。地面に着くとすぐに逃げられてしまうので、なるべく空中にいる間に倒すとパーフェクトが狙いやすくなります。手裏剣は接地した後だとガードされてしまうので近接攻撃が発生する距離を常に意識すべきでした。


ステージクリア後にもボーナスステージが登場します。2個のアイテムを盗もうとするニンジャ達をサブマシンガンでなぎ倒していきます。このボーナスステージのスタイルに見覚えがあるという人、あなたはレトロゲーム好きかもしれません。

大量のパロディ要素


基本は手裏剣で戦い、パワーアップでサブマシンガンを使いだす。人質を全て助けるとゴール。ボーナスステージの演出。これらの要素を抜き出して見ると昔のゲームセンターなどに通っていた方はすぐにわかるかもしれません。

本作はセガから80年代後半に登場したアーケードの『SHINOBI』シリーズを大きくオマージュした作りになっています。このレビューを書くにあたって改めて初代『SHINOBI』のプレイ動画を見直したところ……おおよそまんまでした。開発が『SHINOBI』の大ファンでもなければここまでやれないだろうな、というほどには。

親愛なる隣人……?
一部バージョンの『ザ・スーパー忍』にも似たような姿のボスがいましたが……

パロディはそれだけにとどまりません。どこかの隣人といった格好で、壁に張り付く敵兵士。近づくとジャンプして襲ってきます。このスタイルの敵自体は『SHINOBI』にもいるのですが、色味がなにかをすごい意識して……。


橋の上のステージでは何かを使わざるを得ない、といった雰囲気でバイクにまたがる敵兵士もやってきます。


この2つに限らず本作ではあらゆるところに細かいネタがちらほら。古いアーケードアクションゲームファンなら元ネタを思わず羅列しだしてしまうかも知れません。この紫の敵兵士の攻撃方法もどこかのベルトスクロールアクションで見た記憶が……。

サイボーグみたいな忍者とボスバトル



そして、ステージ1のボスはモノアイが特徴的なサイボーグのニンジャです。……もう隠すつもりも無いな!このパロディっぷりは!


攻撃を加えると一定時間透明になり、そのままダッシュで切りつけてきます。さらに空中からのレーザーや空中に設置する機雷などの攻撃をしかけてくる強敵です。前ステージから貯めておいた地雷や漢字をここぞと消費して素早く倒すのがオススメ。地雷は並べておいておくと次々とひっかかってくれました。


ちなみに、レベル2のボスは赤と黄色のカラーのカッコイイロボスーツを着込んだ科学者が「アッセンブル!」と叫びながら襲ってきます。胸からビームも出します。なんでもアリか。

まとめ


正直なところ、本作はオマージュ元に習ってか、かなり難しい部類に入るアクションゲームです。それに加え、オールドスタイルを意識しすぎたのか、2020年の現代ではちょっと理不尽なシステム(一定距離落下すると落下死扱い。下が安全な地面でも発生する場合がある。など)も散見されますが、古いアーケードのゲームをやり込んでいる剛の者ならば許せるところでしょうか。

価格も約3,000円ということで、今日のインディーゲームの価格帯を考えれば、ボリュームと価格のバランスにもやや疑問がありますが、作り自体は十分。アーケードゲーム30クレジット分と考えるとアリかな……という気分になります。それにこのゲームは大半のユーザーが初見では30クレジットでクリアできそうにないですので。

『Shadow Gangs』はスペシャルプロモーションにより、2020年4月18日まで10%オフの2,781円で購入できます。

タイトル:Shadow Gangs
対応機種:PC(Steam
記事におけるプレイ機種:PC(Steam
発売日:2020年4月10日
記事執筆時の著者プレイ時間:2時間
価格:3,090円

《KADEN》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top