正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】

ホームレス生活からの脱出を目指すシミュレーション!いざという時のためにプレイしておくと良いかもしれません…

連載・特集 特集
正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】
  • 正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】
  • 正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】
  • 正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】
  • 正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】
  • 正統派ホームレスシム『CHANGE: A Homeless Survival Experience』「2、3ヶ月以内に日本語に対応させたいとは思っています」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Delve Interactive開発、PC/Mac/Linux向けに5月2日リリースされたホームレスシミュレーター『CHANGE: A Homeless Survival Experience』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ランダムに生成される街でホームレスとして生き抜いていくシミュレーションゲーム。食べ物を探したり、お金を恵んでもらったり、仕事を見つけたりしてホームレス生活からの脱出を目指します。ローグライク的な要素として新たな能力を獲得も可能です。記事執筆時点では日本語未対応。

『CHANGE: A Homeless Survival Experience』は、1,520円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Danny Hayes氏(以下Hayes氏)Delve Interactiveのプログラマー兼デザイナーのDanny Hayesです。私たちは心を込めて、ユニークなゲームを作っています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Hayes氏本作の開発は、私たちの一つ前の作品である『PONCHO』(あまり成功しませんでしたが)のリリースのすぐ後である、2015年に始まりました。私たちはほぼホームレスのような状態になり、まさかこんなに早くホームレス状態に陥りそうになろうとはということに驚くと同時に、ホームレスの人々にポジティブなイメージを与えられるものを作ろうと思い立ったのです。それからおよそ5年後である今、奇妙で落ち込むようなテーマでありながらも、説得力のあるホームレス体験ゲームを提供することができるのです。


――本作の特徴を教えてください。

Hayes氏私たちはユニークなゲームか、これまでにないようなゲームしか作りません。ホームレスというテーマだけでなく、本作では依存、メンタルヘルス、虐待といった、普通ゲームでは取り扱わないようなハードなものをテーマとしています。そういう意味で、本作は重苦しいゲームかもしれません。私たちはこれらのテーマを描くため、たくさんのリサーチをしましたし、そのおかげもあり、ストーリーに深みを与えることができていると思います。とはいえ、皆さんが本作を気に入っていただけている主な理由は、どのようにプレイしたかによってストーリーが変化する夜のイベントでしょう。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Hayes氏本作のゲームデザインは、本作のテーマから自然と取り入れようとしたので、他のゲームや映画からあまり影響を受けないように注意しました。しかし、『Papers, Please』の影響が少しあることは否定できません。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Hayes氏日本語は今後対応予定です。しかし本作はとても多くのテキストがあるので、翻訳には時間をいただくことになるでしょう。今後2、3ヶ月以内に対応させたいとは思っています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?インディーゲーム開発者への支援はどのようにして行えばいいでしょうか?

Hayes氏私たちは皆、以前から自宅で仕事をしていたので、新型コロナの影響はほとんどありませんでした。比較するものがないため、新型コロナが本作の評価に影響を与えたかどうかはわかりませんが、本作はとても成功しています!もし支援をしていただけるようでしたら、お友達にも本作をプレイしてもらってください!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Hayes氏日本の読者の皆さん、皆さんに言える唯一の言葉は、私が日本のゲームが好きなぐらい、皆さんが私たちのゲームを好きになっていただけると嬉しいということです!

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に250を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。
《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top