ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて

ユービーアイソフトは最新の決算報告を公開、同社が手掛ける11タイトルの売り上げがそれぞれ1,000万本以上を記録したことを明かしました。

ニュース ゲーム業界
ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて
  • ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて
  • ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて
  • ユービーアイの11タイトルが1,000万本以上の売上を記録! 『R6S』総プレイヤーは6,000万人超え―決算報告にて

ユービーアイソフトは最新の決算報告を公開し、同社が手掛ける以下11タイトルの売り上げが、それぞれ1,000万本以上を記録したことを明かしました。

  • 『アサシン クリード ユニティ』
  • 『アサシン クリード オリジンズ』
  • 『アサシン クリード オデッセイ』
  • 『ディビジョン』
  • 『ディビジョン2』
  • 『ファークライ4』
  • 『ファークライ5』
  • 『ゴーストリコン ワイルドランズ』
  • 『レインボーシックス シージ』
  • 『ウォッチドッグス』
  • 『ウォッチドッグス 2』


また、『レインボーシックス シージ』の総プレイヤーは6,000万人を突破。同作は2015年リリースでありながら、今もなおプレイヤー数を増やし続けており、2018年末には4,000万人、2019年末には5,000万人超えを記録しました。特に1月から3月にかけての盛り上がりは、前年比26%増とのことです。


そのほかの売り上げにおいては、『アサシン クリード オデッセイ』が『アサシン クリード オリジン』と比較しても顕著な増加を記録。さらに『ディビジョン2』も、前年度比較で大きく回復をしたとのことでした。

最高財務責任者のFrederick Duguet氏によれば、これらの記録は特に今年1月から3月にかけて伸び始めたようで、新型コロナウイルスによる自宅待機の影響が大きいようです。

決算報告書のより詳しい内容については、こちら(リンク先英語)で確認できます。
《麦秋》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 【UPDATE】ハクスラ農業オープンワールド『クラフトピア』7月よりSteam早期アクセス配信ーアイテムをクラフトしたり牛を煮たり

    【UPDATE】ハクスラ農業オープンワールド『クラフトピア』7月よりSteam早期アクセス配信ーアイテムをクラフトしたり牛を煮たり

  2. ロボットバトルACT『ニンバス・インフィニティ』トレイラー公開!『プロジェクト・ニンバス』シリーズの最新作

    ロボットバトルACT『ニンバス・インフィニティ』トレイラー公開!『プロジェクト・ニンバス』シリーズの最新作

  3. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』6月予定のアップデート延期―AIチームメイト実装を含む「TU 2.1.0」へ統合

    『ゴーストリコン ブレイクポイント』6月予定のアップデート延期―AIチームメイト実装を含む「TU 2.1.0」へ統合

  4. 『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』6月に新ステージ追加! 新PVも公開予定

  5. 高評価ニンジャACTや潜水艦サバイバルなど「Humble Choice」2020年6月分ラインナップが発表!

  6. GOG.comにてSFRTS『Total Annihilation: Commander Pack』の無料配信が期間限定で開始

  7. 週末セール情報ひとまとめ『PUBG』『BIOHAZARD RE:3 Z Version』『Need for Speed Heat』『Kenshi』他

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. NetEaseが初の家庭用ゲーム開発拠点「桜花スタジオ」を渋谷と中国広州に設立―渋谷スタジオでは新たな人材募集も

  10. Epic GamesストアにてハチャメチャクッキングACT『オーバークック』PC版の無料配信が期間限定で開始

アクセスランキングをもっと見る

page top