【チョイス】「あなたはダンジョンを… 隅々まで探索? 目標に直行?」結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【チョイス】「あなたはダンジョンを… 隅々まで探索? 目標に直行?」結果発表

毎週恒例の読者参加型コーナー「Game*Sparkチョイス」。今回は「あなたはダンジョンを…」というテーマで実施した投票の結果をご報告します。

連載・特集 Game*Sparkチョイス
【チョイス】「あなたはダンジョンを… 隅々まで探索? 目標に直行?」結果発表
  • 【チョイス】「あなたはダンジョンを… 隅々まで探索? 目標に直行?」結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkチョイス」。今回は「あなたはダンジョンを…」というテーマで実施した投票の結果をご報告。


投票結果は“隅々まで探索”が92.3%、“目標まで直行”が7.7%という結果になりました(総投票数は595票)。思った以上に“隅々まで探索”が圧倒的多数ですね。

その理由としては「レアアイテム探し」「探索自体が好き」「アイテムの取りこぼしが嫌」などが挙げられています。筆者も隅々まで探索する派ですが、「出口に進んでいると思ったら引き返す」「分岐で目標の方を選んだ時に“間違えたっ!”と思ってしまう」という意見にはとても共感できます(笑)。

“目標まで直行”については、「RPGをいくつもクリアすれば直行できるようになる」や「終盤になると面倒になって直行してしまう」といった意見が出ています。確かに殆どのゲームは隅々まで探索しなくてもクリアできるように作られています…が、どうしても探索したくなっちゃうのですよねぇ…。そしてラストエリクサーはどうしても使えないんです! それでは最後に、読者の皆様から寄せられたコメントを一部ご紹介。




諸派さん

すみずみまで探索します。宝箱を開けて、珍しいアイテムをとることが好きです。一人でも命が危なくなったら引き返して、少しずつ先へ進みます。


スパくんのお友達さん

自分は『隅々まで探索』します!

理由は純粋に探索したり漁るのが楽しいからです。
しかし余程興味のあるゲームじゃないと、途中で疲れてしまいます。
(特にオープンワールドのゲーム)


スパくんのお友達さん

出たら崩壊とか、入れなくなるとかが怖くて、タイムリミットがない場合は隅々まで見ますし、ボス部屋と気づいたら後まわしにますよ。
FO3のエンクレイブの基地なんか、目一杯アイテム拾いして歩いて帰りましたからね。


スパくんのお友達さん

普段は隅々まで探索だけど面倒だと思ったら目標まで直行
特にゲームが終盤に近付くにつれて「今更新しいアイテム見つけてももう終わりだし…」って思って直行になりがち


スパくんのお友達さん

ダンジョンの難易度による。簡単なダンジョンは隅々まで探索するし、トラップや仕掛けが面倒なダンジョンは直行(結局隅々まで探索させられるケースもあるが)。


スパくんのお友達さん

隅々まで探索しないと、どこに出会いが転がってるか分からないからな


スパくんのお友達さん

隅々までまわらないと、直行クリアしたところで経験値が足りなくてレベル上げしなきゃいけなくなるだけだし
まぁまわったところで結局レベル上げはしなきゃいけないバランスのは少なくないんだけど


スパくんのお友達さん

まずは後ろを探索(フロム脳)


スパくんのお友達さん

順路っぽい地形に入ったら引き返し


スパくんのお友達さん

RPGを幾つもクリアすれば普通に直行できるようになる


スパくんのお友達さん

隅々まで探索するけど
見えてるのに行けない場所があちこちに点在するとものすごくモヤモヤする


スパくんのお友達さん

ストーリー終盤になってくるとダレてきて直行ルートだなぁ


スパくんのお友達さん

隅々まで探索したいが、ゲームの舞台がオープンワールドだと始まりは楽しいけど、だんだん面倒になってきますね。

ハマると面倒には感じないです。
例:RDR2,ゼルダの伝説BoW等


スパくんのお友達さん

ゲームというか性格によるよね
気にしない人はとことん気にしないし


スパくんのお友達さん

後々もう来れないダンジョンだったとき
レアやとかあった場合とり忘れしたくないからなあ
クリアだけが目的の人はまあ気にしなさそうだけど


スパくんのお友達さん

煮魚のように隅々まで大事にいただくべし


MKTさん

出口に向かっていると察したらわざわざ戻ってしまいますねぇ。


そうさん

分岐路ある場合は目標じゃない方へ進みたいから違いそうな方を選ぶ。
なので目標の方の道を選ぶと「間違えたっ!」と思ってしまい、戻って外れの道をわざわざ進みます。



※すべてのコメントを見る。(コメント欄Twitter
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top