【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!

『Ghost of Tsushima』の美しい風景や建物の中からさらに美しい絶景ポイント、現代風に言えばフォトジェニックなスポットの一部を見ていきます。

連載・特集 特集
【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
  • 【ネタバレ注意】話題の新作『Ghost of Tsushima』の名所をお裾分けー今見たい「和」写真をピックアップ!
!注意!記事にはゲームのロケーションに関するネタバレが含まれています。

7月17日に『Ghost of Tsushima』が発売されて4日、古典的な時代劇と和の文化への素晴らしいリスペクトを持った本作では、舞台となる「対馬」を「Tsushima」として新たな解釈から切り込むことで、海外ゲームでありながら日本人が想像する以上に美しい「和」の原風景を構築する事に成功しています。

今回は美しい風景や建物の中からさらに美しい絶景ポイント、現代風に言えばフォトジェニックなスポットの一部を見ていきましょう。

黄金寺の周辺


序盤に訪れることになる黄金寺、物語では美しい黄葉とは裏腹に厳しい戦争により崩壊した秩序が描かれています。


黄葉の木々へと足を踏み入れると黄金寺が見えてきました。


門を抜けると、黄葉から浮かび上がるように屹立する五重の塔が目を引きます。視点を下に移すと避難民たちの姿も……。

さまざまな姿を見せる金田城


序盤の攻略目標としてプレイヤーに深い印象を残す金田城、主人公である仁の恩人、志村が囚われています。


ほそまい雲に映る夕日の朱と青い花や空の対比が、遠くに見える金田城をさらに美しくしています。大きな建物は遠くから見るとまた違った一面を見せてくれます。


沖には元軍の船も遠望できます。

神々の宿る神秘的なスポット


島には寺や神社、墓地など様々な神秘的な場所があります、中には隠されるように存在する神秘的なスポットも。


鮮やかな緑の竹林に溶け込むようにして鎮座する素朴な鳥居。石畳の状態から時の流れを感じさせてくれます。


とある弓にまつわる物語で訪れる場所、真相は是非プレイして確かめてみてください。


灯篭の先には香と鐘が置かれています、活気と神秘さが両立された場所です。

美しい自然と動物たち



美しき黄葉が澄んだ水面に反射されさらに引き立ちます。背後の墨汁で描いたような戦火の痕跡も情感を高めています。



かわいらしい狐はプレイヤーと仁を導いてくれる心強い味方でもあります。他にも鳥が新しい場所へ連れていってくれることがあります、ぜひ動物について行ってみましょう。

人々の生活、そして戦い


『Ghost of Tsushima』では、侍以外にも農民たちの生活もしっかりと描写されています、人々の生活を守るのは仁が戦う目的でもあるのです。


生活に欠かせない米作り、農作業に精を出している人々の姿が見えます。


略奪にあった炊事場の様子、残り火が急いで逃げてきた様子を表しています。


彼らの生活を守るため、仁は激しく戦います。


道中には力尽きた侍の姿も……。



以上、『Ghost of Tsushima』の美しき「和」の名所写真でした。本作では、ここで紹介した以外にもたくさんの絶景があります、たまには戦いの手を休め、写真を撮りに散策するのも良いのではないでしょうか。
《大塩》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top