『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

モデルとなったTony Sentmanat氏はアメリカ海兵隊・SWATに所属し活躍していました。

ゲーム文化 その他
『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに
  • 『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに
  • 『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

8月5日にシーズン5が開始した『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』と『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty:Warzone)』ですが、新しく実装されたオペレーターの「Lerch」が実在する兵士をモデルとして制作されたことが明らかになりました。



モデルとなったのはアメリカ海兵隊に所属し、後にSWATのメンバーとして活躍したTony Sentmanat氏。2016年までの18年間でSWATのメンバーとして800を超える作戦に参加し数々の事件に対応しました。SWATでの活動を通して、ほとんどの場合勝者は悪党で、犯罪の被害にあったときに自分や家族の身を守るためには数秒の猶予しかないという教訓を得たという同氏は現在、一般人が悪党に打ち勝つための戦闘訓練学校であるReal World Tacticalを経営しています。

今回の『CoD:MW』『Warzone』への参戦について同氏は自身のInstagramにて、世界最大級のゲームの一部となれたことと、家族や友人、古くからのフォロワーやゲームを通じて自身を知った新たなフォロワーによるサポートに感謝を示しました。


Tony Sentmanat氏についてさらに詳しく知りたい場合は同氏が制作したこちらの動画をご覧ください。
《kamenoko》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』の新情報を伝える「Night City WIRE」第3回発表内容ひとまとめ

    『サイバーパンク2077』の新情報を伝える「Night City WIRE」第3回発表内容ひとまとめ

  2. 『サイバーパンク2077』ジョニー・シルヴァーハンド1/4スタチュー登場!約9.4万円で液晶スクリーンやスピーカーも搭載

    『サイバーパンク2077』ジョニー・シルヴァーハンド1/4スタチュー登場!約9.4万円で液晶スクリーンやスピーカーも搭載

  3. 個性豊かなパパさん達とロマンスする恋愛シム『Dream Daddy』が日本語に対応!

    個性豊かなパパさん達とロマンスする恋愛シム『Dream Daddy』が日本語に対応!

  4. オリジナル要素たっぷりな『FO4』大型Mod「Fallout: Miami」最新トレイラー!

  5. エロティックホラーADV『Lust from Beyond』発売延期―無料プロローグ第二弾は10月配信へ

  6. ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. マルチプレイ対応ゾンビサバイバル『Night of the Dead』Steam早期アクセス開始!

  9. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

  10. 『スカイリム』をベースに全く新しいRPGを作り上げる大型Mod「Enderal」が公式日本語対応

アクセスランキングをもっと見る

page top