Apple、Epic GamesのApp Storeアカウントを通告通り削除―『フォートナイト』などは再インストールも不能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Apple、Epic GamesのApp Storeアカウントを通告通り削除―『フォートナイト』などは再インストールも不能に

Epic GamesのCEOティム・スウィーニー氏はAppleコメントに対し、Twitterを利用しての反論を展開。

ニュース ゲーム業界
Apple、Epic GamesのApp Storeアカウントを通告通り削除―『フォートナイト』などは再インストールも不能に
  • Apple、Epic GamesのApp Storeアカウントを通告通り削除―『フォートナイト』などは再インストールも不能に
  • Apple、Epic GamesのApp Storeアカウントを通告通り削除―『フォートナイト』などは再インストールも不能に
Appleは、先日よりEpic Gamesにより行われている『フォートナイト』に絡むストアの意図的な規約違反などを受け、同社のApp Storeアカウントを削除しました。

これは『フォートナイト』だけでなく「Unreal Engine」を含む措置として事前に通告されていたもの。その後の裁判所でのやり取りを経て「Unreal Engine」については措置の対象外となる流れが発生していました。


ユーザーに関連しては今回の措置の実行により『フォートナイト』や『Infinity Blade』などのEpic Gamesのタイトルについて、今後のアップデートの配信がなくなるだけでなく、再インストールも不能となっています。

なお、海外メディア9to5Macを通じて公開されたAppleのコメントによれば「将来再び共に働けるのを願っている」とする旨が記されていますが、同時に「問題を有したままの『フォートナイト』のアップロードを繰り返した」として批難も行っています。これについて、Epic GamesのCEOティム・スウィーニー氏はTwitter上で「アカウント削除はあくまでAppleが行ったこと」として批難の姿勢を見せるとともにApp Storeへの『フォートナイト』のアップロードは(問題発生後)3回しか行っていないとして反論しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PLAYISM取り扱いSteam作品のセール開始―『ジラフとアンニカ』『Bright Memory』などが対象

    PLAYISM取り扱いSteam作品のセール開始―『ジラフとアンニカ』『Bright Memory』などが対象

  2. Epic GamesやRiot Gamesなどテンセントと関係を持つ米企業を米国政府が調査―対米外国投資委員会が書簡送付

    Epic GamesやRiot Gamesなどテンセントと関係を持つ米企業を米国政府が調査―対米外国投資委員会が書簡送付

  3. Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

  4. 日本から有効化できる『シェンムー I&II』含むバンドル「Humble You Can Pet the Dog Bundle」が登場!

  5. Twitch、配信中広告表示(mid-roll ads)の実験を終了―ユーザーからの強い批判受け

  6. アステカ街づくりシム『Aztec Empire』発表! 経済・軍事・宗教を管理

  7. 『Microsoft Flight Simulator』アフリカ29カ国を周遊する4Kトレイラー「Around the World Tour」公開

  8. 村を焼き払い新たな集落を作ろう! ヴァイキング街づくりシム『Viking City Builder』発表

  9. あなたも自宅で007に―アストンマーティンが約780万円の超高級家庭用レーシングシミュレーター『AMR-C01』を発表

  10. EAのPC版「Origin」が「EA desktop app」に名称変更へ―機能自体も大幅改修予定

アクセスランキングをもっと見る

page top