好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】

開発側は「いずれ実装するはずだった」ものがユーザーの手によってリリースされることに驚きつつ協力を申し出ています。

ゲーム文化 Mod
好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】
  • 好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】
  • 好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】
  • 好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】
  • 好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】
  • 好きなアバターで『クラフトピア』が遊べる!VRM形式対応Mod配信―将来的に公式でも実装予定か【UPDATE】

2020年9月4日にリリースされた国産なんでもありサンドボックス『クラフトピア』。キャラクターモデルを、VRアバターなどで広く用いられている「VRM形式」のモデルに差し替えられるModがリリースされました。

本作用のVRMmodを開発したのはUnityゲームクリエイターのyoship氏。ツールを導入することで、各所で配布されているVRMモデルをゲーム内で使用できるようになります。ツールの配布場所や導入方法などはMod公式サイトで公開されています。記事執筆時点で利用できるのはシングルのみ。ほかにも使用上の注意があるためご確認ください。

この「好きなキャラクターでゲームを遊べる」Modの登場に対し、ゲーム公式Twitterも反応。いずれ同等の機能を実装予定だったことを明かし、驚きを隠せない様子を見せました。また、同氏に対して開発側からの協力を申し出ています。


本記事ではこのツールを使用して、姉妹サイト「インサイド」のバーチャルレポーターとして、VTuberとしても活躍中のインサイドちゃんMark2を『クラフトピア』の世界に降り立たせてみました。


しかし、使用できたものの黒目の部分がずれているという現象に遭遇……。


インサイドMark2ちゃん自身による使用では問題なかったため、環境等によっては多少のエラーも起こるようです。

※ UPDATE(2020/9/26 9:21):本文を一部改稿しました。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」

    『サイバーパンク2077』延期による開発者への殺害予告に対してCDPRのゲームデザイナーが苦言―「私たちもあなたと同じ人間」

  2. 【18禁】スターリンに愛を伝授する『Sex with Stalin』が配信開始! 謎の日本語ソングも公開中【UPDATE】

    【18禁】スターリンに愛を伝授する『Sex with Stalin』が配信開始! 謎の日本語ソングも公開中【UPDATE】

  3. 『アサシン クリード』の実写アクションシリーズの制作がNetflixにより発表

    『アサシン クリード』の実写アクションシリーズの制作がNetflixにより発表

  4. 『RDR2』しかプレイしたくない!ストーリークリア回数30回以上のお爺さん登場

  5. 沈没する船から脱出する一人称視点ホラー『Under: Depths of Fear』配信開始!

  6. 大型Mod『Fallout 4: New Vegas』2Dアニメーションチームの作業状況が公開―『4』向けにリメイクされた過去作のボルトボーイたち

  7. 作曲家のすぎやまこういち氏が文化功労者に選ばれる―『ドラクエ』『風来のシレン』などを作曲

  8. 3DCGアニメ『BIOHAZARD:Infinite Darkness』場面写真が公開―Netflixで2021年公開予定

  9. 『CS:GO』賭け試合関与でプロ7名が1年間の出場停止処分に

  10. 『原神』中国bilibiliでMMDモデル配布―お気に入りのキャラでアレもコレも楽しめちゃう?

アクセスランキングをもっと見る

page top