『龍が如く』実写映像計画進行中!―海外メディア情報 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『龍が如く』実写映像計画進行中!―海外メディア情報

「桐生一馬の武勇伝は映画的な魅力を備えている」

ゲーム文化 カルチャー
『龍が如く』実写映像計画進行中!―海外メディア情報
  • 『龍が如く』実写映像計画進行中!―海外メディア情報
海外メディアVarietyは、セガの『龍が如く』の実写映像作品計画が進行中であると報じました。

この実写映像作品は「スケアリーストーリーズ 怖い本」を手掛けた121212 Entertainmentと、Netflix「聖なるゲーム」などで知られるWild Sheep ContentのErik Barmackらが手掛けるものになるようで、脚本家はまだ募集中であるとのこと。

121212は、「『龍が如く』は視聴者があまり見たことがない、ユニークな環境を舞台に複雑なキャラクターと魅力的なストーリーを設定するための新しい場所を提供してくれます」とし、「桐生一馬の武勇伝は映画的な魅力を備えている」とVarietyに対し語っています。

『龍が如く』はゲーマーなら知っている通り日本のヤクザをテーマとした物語。今回の実写計画は、海外作品的な制作会社の布陣となりますが、果たしてどのようなものに仕上がっていくのでしょうか。

『龍が如く』実写映像の公開形態、公開時期などは明らかになっていません。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 肉体美がスゴい「キャミィ」1/4スケールスタチューが登場!「春麗」に続き圧巻のトレーニング姿を9万円越えで立体化

    肉体美がスゴい「キャミィ」1/4スケールスタチューが登場!「春麗」に続き圧巻のトレーニング姿を9万円越えで立体化

  2. 『Pokémon GO』アバター外観がよりリアルになるも…海外コミュニティでは反発の声も

    『Pokémon GO』アバター外観がよりリアルになるも…海外コミュニティでは反発の声も

  3. ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

    ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

  4. ドラマ「フォールアウト」はゲーム版と矛盾?物議醸した出来事をトッド・ハワード氏が説明

  5. 迷宮探索を繰り返して強くなれ!3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』Steamストアページが公開

  6. シーズン1公開から約1週間で早くも!実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2制作が公式発表

  7. ソウルライクとサンドボックスサバイバルを融合した『Kingdom of Fallen: The Last Stand』Steamで5月配信!

  8. 火災被害のゲームセンター「レトロゲーム秘密基地」再建に向けクラウドファンディング4月20日19時スタート

  9. 大きな犬に出会ってしまうホラー『DogDogDog』Steamで発売―不気味な雰囲気の町をゆったりと探索

  10. 実写ドラマが話題の『Fallout』超クオリティの約8.5万円可動フィギュア「T-45 ホットロッドシャーク・パワーアーマー」の国内予約開始!1/6スケールでアサルトライフルなども付属

アクセスランキングをもっと見る

page top