幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】

軍事紛争に巻き込まれ命を落とした幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』のデモ版プレイレポをお届けします。

連載・特集 プレイレポート
幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】
  • 幽霊少女のステルスACT『Wonhon: A Vengeful Spirit』デモ版プレイレポ―憑依し、操り、復讐を果たす【Steamゲームフェスティバル】

現在、Steamにて開催中の「Steamゲームフェスティバル: オータムエディション」。本イベントでは、近日配信予定の何百もの新作ゲームの体験版が期間限定で公開されています。その中で公開された気になる作品をピックアップ。今回はBUSAN SANAI GAMESが開発し、Super.comによって発売予定のWonhon: A Vengeful Spirit』デモ版のプレイレポートをお届けしたいと思います。



『Wonhon: A Vengeful Spirit』とは



『Wonhon: A Vengeful Spirit』は1920年代の歴史改変された韓国が舞台となっています。軍事紛争に巻き込まれ命を落とした少女が幽霊となり、復讐を遂行していく物語です。開発によるジャンルはパラノーマルステルスアクションゲームとなっており、敵に見つからないように隠れ、幽霊として授かった超常的な力を駆使してステージを攻略します。では、さっそくプレイしていきましょう。


『Wonhon: A Vengeful Spirit』の実内容に迫る!


ゲームを開始すると、薄暗い夜道にひとりの少女が立ちすくんでいます。本作の視点はトップダウン形式となっており、広く周囲が見渡せるステルスゲームにありがちな作りとなっています。少し道を進むと、全身黒ずくめの怪しい人物が立っていました。おそるおそる声をかけ話を聞いていると、この人物は死神で既に少女は死んでいることが判明しました。そしてこの死神は、死者の魂を来世へ転生させているようです。


しかし、この少女は生前に凄惨な死を迎え、現世に遺恨が残り成仏ができないようでした。死神も、このところ死者が多く多忙を極めている様子。少女はこのままでは成仏させてもらえなさそうだったため、彼の仕事を手伝うことを提案します。その代わりに来世での家族の再会を約束させました。そして少女は死神に幽霊に変えられ、命あるものに憑依する力が与えられました


ここから少女の復讐と、死者の遺恨を晴らすお仕事がはじまります。死神と話していたこの場所は墓地で、主人公の少女と同じく現世に悔いが残る者の霊が彷徨います。このままでは成仏できないようなので、その解決のお手伝いをすることになります。


さっそく一人目の霊の話を聞くと、どうやら年貢が支払えず、家族もろとも兵士に殺されてしまったようです。少女は兵士への復讐を誓い現世へと旅立ちます。最初のステージはチュートリアルで操作方法等を学んでいきます。本作はステージ攻略型となっており、画面左上に表示される目標を達成するとクリアとなります。今回の目標は二人の兵士の排除ですが、幽霊ならパパッと呪って終わり、といかないのが本作。ただ幽霊になれるだけのか弱い少女は、直接手を下せません。そこで、死神から授かった生物に憑依する力を用いて敵を操り、上手く仲間割れさせていきます。


敵の視界外から一定距離まで近づくと憑依が可能。憑依した相手は時間内であれば好きに操れ、他の兵士を攻撃することもできます。さっそく手に持っていたライフルで味方の兵士を撃ち抜き、自分も自殺させました。

墓場に戻り復讐が完了したことを報告すると、男は成仏し、彼の墓に花が咲きました。仕事が終わったのも束の間、次の悩める霊が現れました。彼は現世で、敵兵への奇襲の準備をしようとしていたところを捕まって殺されてしまったといいます。彼の仕事を引き継ぎ完了して欲しいというお願いをされました。



ステージに移ると、今度はだいぶ広々としており敵の数も多い様子。目標は敵の武器の破壊なので、目的地までの距離と方向が表示されるので見つからないように移動していきます。

主人公の少女は、実体の状態と霊体を切り替えられます。実体の状態で敵に見つかると殺されてしまうので、上手く隠れながら進まなければいけません。霊体の場合は敵に見つからない代わりに移動速度が遅く、時間制限もあります。そのため、敵の位置などにより二つの状態を使い分けながら攻略するのが重要でしょう。


敵の目を掻い潜り、時には相撃ちさせつつなんとか武器の場所まで到達し、今ステージから登場する手榴弾兵の攻撃で爆発させました。ステージをクリアするとリザルトが表示され、敵のキル数とクリアにかかった時間によって評価がつけられます。



二人目も無事に成仏してその後、三人目も成仏させ、四人目の復讐も果たし墓場に戻ってくると、何やら様子がおかしいことに気づきます。墓場は大量のカラスのような黒い鳥が跋扈していました。そして、少女が近づくと黒い鳥は集まりだし一羽の大きな鳥に姿を変え……。




軍事紛争によって悲しき運命を辿ることとなった少女の復讐劇。死神から授けられた幽霊の力で敵を蹂躙していくのかと思いきや、元は一人のか弱い少女なので、ひとたび見つかると打つ術がありません。乗り移って全員倒せばいいのですが、騒ぎを起こすとすぐに周囲の敵が集まり一網打尽にされてしまいます。バランスが非常によくできており、ステルスゲームに憑依というシステムが合わさって攻略の奥深さが増している印象です。


犬にも憑依できる

今回のデモ版でプレイできるステージは4つ。どのステージも目標と配置以外はあまり代わり映えしなかったので、製品版では今後のステージなどに期待したいところです。公式トレイラーを観ると、人間の兵士だけでなく異形のモノからも逃れる様子が映されていたので、ストーリー展開も気になりますね。製品版では日本語にも対応予定なので「Steamゲームフェスティバル: オータムエディション」開催中のこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

タイトル:Wonhon: A Vengeful Spirit
対応機種:PC(Steam
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2021年第一四半期
記事執筆時の著者プレイ時間:1時間
価格:未定


《neko》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top