カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】

公式サイト最下部に掲載されているメディア(?)の声は必読です。

連載・特集 特集
カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】
  • カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】
  • カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】
  • カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】
  • カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】
  • カートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』ー特徴は可愛いエルフの女の子と結婚できること【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Henrique Faitta氏とPidro Soft開発、PC向けに1月21日にリリースされたカートゥーン風2択アドベンチャーRPG『Who Needs a Hero?』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、カートゥーン風のビジュアルが特徴の2択アドベンチャーRPG。プレイヤーは貧弱な戦士となり、街を破壊しようとするモンスターたちの黒幕に迫ります。イベントは2つの選択肢から1つを選び、結果が名声や獲得ゴールド、そしてストーリーの展開に影響を与えます。バトルはサイコロを使用。記事執筆時点では日本語未対応です。

『Who Needs a Hero?』は、310円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。

Henrique Faitta氏(以下Faitta氏)こんにちは、Henrique Faittaです。29歳で、ブラジルに住んでいます。私はゲームを作っている普通の人ですが、新しい体験というものを創造するのが大好きです!

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Faitta氏本作の開発は4年前にスタートしました。本作のアイデアは、以前私が遊んだ似たようなゲームから来ています。そのゲームを遊び始めると、すぐにハマってしまいました。私は他にフルタイムの仕事をしていたので、ゲーム開発は余った時間にしかできず、だからこそ自分で開発を管理できるシンプルなゲームを作ろうと決めたのです。

――本作の特徴を教えてください。

Faitta氏他の人気作品を参考にしつつも、自分独特のアートスタイルを実現しようと思いました。また、プレイヤーを楽しませるためにダジャレも採用しています。あっ、あと新しいアップデートでエルフの女の子と結婚できるようになりましたよ。良い子で可愛いんです!

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Faitta氏本作は『Sort the Court!』というゲームから影響を受けています。無料なので、ぜひ遊んでみてください。私はこのゲームを始めてプレイした時、自分でも他の人たちを楽しませることができる、似たようなゲームが作れると思いました。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Faitta氏出来る限り多くの言語には対応したいと思っており、特に日本は大好きなので、日本語には対応させたいです(日本には本当にいつか行きたいです!)。しかし今は多くの言語に対応する予算がなく、ダウンロード数が多いということもあり、次の対応言語はロシア語を予定しています。日本人の知り合いはいないので、もしお手伝いしていただける方がいらっしゃいましたらとても嬉しいです。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Faitta氏自宅から作業をしているので、開発への影響はありませんでした。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Faitta氏はい、配信者の方々に私のゲームをプレイしていただきたいですし、その姿やコメントを見るのはとても嬉しいです。特に、本作を楽しんでいただけると嬉しいですね。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Faitta氏まず、すべてのサポートに感謝します。これからも本作の改良を全力で行い、素晴らしい体験をご提供します。また、なるべく早く日本語にも対応させたいと思っています。最後に、私はアニメが大好きです!(笑)

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top