ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】

絵本のような可愛らしいビジュアルが特徴です。

連載・特集 特集
ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『TOHU』―環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている「メカバイオパンク」【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Fireart Games開発、PC/Xbox One/海外PS4/スイッチ/Stadia向けに1月28日にリリースされたポイント&クリックパズルアドベンチャー『TOHU』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、可愛いビジュアルが特徴のポイント&クリックパズルアドベンチャー。不思議で美しい魚の惑星を舞台に、主人公の少女と少女のもうひとつの姿である機械のキューバスが力を合わせて、自分たちの真実と世界を動かす聖なるエンジンの謎を解き明かします。日本語にも対応済み。

『TOHU』は、1,520円で配信中




――まずは自己紹介をお願いします。

DimaFireart GamesのCEOのDimaです。ゲーム開発に携わるようになる以前、今ではよく知られたデザインスタジオであるFireart Studioと、それほど知られていない動画プロダクションスタジオであるExplain Ninjaを設立しました。私は昔からゲームが大好きなので、ある時ただ遊ぶだけでなく、自分でゲームを作ることができたら素晴らしいだろうなと思ったのです。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Dima2018年の夏、私たちが一つ前のプロジェクトである『Spirit Roots』の開発を終えた後、本作の開発がスタートしました。前作は大きなリソースを投入しなかったことから、残念ながら大きな成功にはならなかったのです。そのため、良いゲームを作るためにはチームメンバー全員が100%の力を出さないといけないと判断しました。

こうして、本作の開発という「旅」がスタートしたのです。開発当初、私たちはしっかりとした計画を立てたのを覚えています。タイムラインの設定、必要なリソースの確認、そしてこのゲームを一から作るためには3~4人がフルタイムで作業し3~5ヶ月かかる、と想定しました。まぁしかし、結局本作の開発には2年以上かかりました。そして本作のクレジットで見られるように、本作には何十人もの人が関わっているのです。

――本作の特徴を教えてください。

Dima本作において、私たちが作り出したユニバースについてはとても誇りに思っています。特に個性的なアートスタイルとキャラクターたちですね。システム面では、本作は普通のポイント&クリックアドベンチャーです。しかし、本作で重要となるのはシステムだけではありません。

本作において、私たちは自分たちで「メカバイオパンク」と呼ぶ、あらゆる環境と生物が機械的なものと自然的なもので組み合わされてできている、という個性的なスタイルを作り出しました。この世界が可能な限り生き生きと描けるように、クールで面白いアニメーションを取り入れています。

また、本作はChristopher Larkinによる素晴らしいサウンドトラックも特徴です。彼は『Hollow Knight』の音楽も担当したので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Dimaこれまでに私たちが実際に遊んだすべてのポイント&クリックゲームから影響を受けていると言えます。一つ一つから何かしら影響を受け、「これは自分たちのゲームに入れないようにしよう」とか、その逆も然りです。例えば、このジャンルのゲームでも、ヒントがまったくないのは好きではありませんし、画面上のすべてのものクリックさせるというのも好きではありません。こういった部分は本作で避けるようにしました。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Dimaあまりありませんでした。私たちは以前からオフィス内でもバラバラに仕事をしていたので、パンデミックが始まってもオフィスで同僚を見ることがなくなった程度だったのです。パンデミック以前からデイリーとウィークリーの会議はオンラインで行っていたというのも、開発への影響がなかった一因です。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Dimaはい、皆さんのリアクションをぜひ見てみたいです!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Dimaヨーロッパのプレイヤーたちが本作を楽しんでくれたように、日本の皆さんにも本作を楽しんでいただけると嬉しいです!日本では芸術性がとても価値あるものだと聞いているので、私たちのイマジネーションやアートが皆さんを驚かせることができるか、とても楽しみです。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top