『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも

そのほか、倒されたあともカメラやガジェットのコントロールができるようになったり、攻撃側が準備フェーズ中に何度でもオペレーターや装備を変更できるようになったりと、新たな機能も明らかに。

PC Windows
『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも
  • 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Crimson Heist」発表と共にイヤー6のロードマップが公開―新サブウェポンや『バイオ』シリーズとのコラボスキンも

ユービーアイソフトは、タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、イヤー6最初のシーズンとなる「Crimson Heist」を発表しました。


本シーズンでは、AR33アサルトライフルとSR-25マークスマンライフルをメインウェポン、GSH-18をサブウェポンとするアルゼンチン出身の新オペレーター「Flores」が登場。また、マップ「国境」のリワークも実施され、東側の階段と休憩室が繋がるバルコニーの追加や拡張されたトイレ、破壊可能な壁のいくつかが削除されるなど、様々な変更が加えられています。

さらに、すべての防弾ガジェットを破壊できる新サブウェポン「Gonne-6」が追加。1発のみのため慎重に使う必要があるものの、強力な防衛側オペレーターに対するメタとして機能することが期待されます。「Gonne-6」は「Glaz」「Dokkaebi」「Lion」「Finka」「Gridlock」「Amaru」「Iana」「Zero」が使用可能です。

このほか、倒されたあともカメラやガジェットのコントロールができるようになる機能と、攻撃側と防衛側のバランスを整えるため、攻撃側は準備フェーズ中に何度でもオペレーターや装備を変更できるようになる機能が、イヤー6の後半に実装される予定も発表されました。それぞれ、サポートフェーズの重要性の強化や、偵察に戦略的な意味を持たせることを目的としているようです。そのうえ、アーマーの値がヘルスへと反映され、全プレイヤーがどれくらいダメージを負ったのかわかりやすくする機能もイヤー6のどこかで実装予定とのことです。

イヤー6ではプレイヤーの新たな評価システムも導入が予定。ランク付けによってプレイリストへのアクセスを制限するなど、ゲーム内のコンテンツを通じてプレイヤーにより良い振る舞いをしてもらうことを目標としており、どうすればスコアが上がるのかを可視化することで、自分の行動をそれに照らし合わせていけるといいます。

なお、本シーズンは2月23日からPC版テストサーバーに登場し、上記の「国境」のリワークや新オペレーター・サブウェポンのほか、ゲーム配信者向けにプレイ時の匿名性をコントロールできるモードが利用できるとのことです。


この発表ではイヤー6のロードマップも公開され、シーズン2ではNakoda出身オペレーターの追加とマップ「ファベーラ」のリワーク、シーズン3ではクロアチア出身オペレーターの追加と三つのマップの小改修を行う予定が明かされました。最後のシーズン4ではリワーク対象マップは未公開ですが、アイルランド出身オペレーターの登場予定がアナウンスされています。

それぞれのオペレーターのエリートスキンと他のギアのスキンを組み合わせられるなど、オペレーターのカスタマイズもイヤー6で可能になるほか、カプコンの『バイオハザード』シリーズとのコラボレーションとして、ジル・バレンタインモチーフの「Zofia」エリートスキンの登場も明らかに。これ以外にも同シリーズとのコラボスキンが登場予定なうえ、「トイレ・オブ・ザ・イヤー 2020」特別審査員を務めたゲームクリエイターの中村育美氏とのコラボによる「Echo」「Dokkaebi」スキンも3月2日から登場するとのことです。


イヤー6ではQOLのさらなる向上も目指し、2020年に入ってからDDoS攻撃を90%減らすことに成功するなど、プレイヤーが快適にゲームプレイできるよう注力していくことを明言。技術チームはMicrosoft Azureと協力してマッチメイキングにかかる時間の短縮やサーバーのさらなる安定性の向上に、開発チームはゲーム容量の削減などに取り組んでいるとしており、この結果はすでにゲームへ反映され、今年一年を通じてプレイヤーに影響を与えていく予定としました。

《TAKAJO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドサバイバル『コナン アウトキャスト』大型拡張「アイル・オブ・シプター」海外5月27日正式発売―Xbox Game Pass対応予定も海外向けに発表

    オープンワールドサバイバル『コナン アウトキャスト』大型拡張「アイル・オブ・シプター」海外5月27日正式発売―Xbox Game Pass対応予定も海外向けに発表

  2. チャンク・ノリスは流した血だけで1万の敵兵を壊滅させる―『Ultimate Epic Battle Simulator 2』の42分に及ぶ新たなデモ映像が公開

    チャンク・ノリスは流した血だけで1万の敵兵を壊滅させる―『Ultimate Epic Battle Simulator 2』の42分に及ぶ新たなデモ映像が公開

  3. 『Rust』グラフィックを強化するビジュアルアップデートが実施!一部モニュメントは大幅に変更

    『Rust』グラフィックを強化するビジュアルアップデートが実施!一部モニュメントは大幅に変更

  4. 『バイオハザード ヴィレッジ』Steam同接プレイヤー10万人突破!シリーズ初の大台に乗せる好発進

  5. PS5版『Sniper Ghost Warrior Contracts 2』発売延期―無料大型DLCリリース決定の情報も

  6. 【読者参加型Valheim生活】「おぼろげな"46”を敬う神社が建立中」「デスキートの無力化方法が偶然発見」「斬新技術『ドアの可動床』」の三本立て

  7. アニメ風グラフィックのリズムADV無料デモ版『UNBEATABLE [white label]』が配信開始―Kickstarterキャンペーンも目標額の486%で成功

  8. PC版『Apex Legends』で猛威を振るう“鯖落ちグリッチ”―セキュリティスタッフは「いくつかの計画がある」とコメント

  9. バンナム新作ブレインパンク・アクションRPG『SCARLET NEXUS』オープニングアニメーション公開

  10. 対戦格闘ACT『スカルガールズ 2ndアンコール』シーズン1追加キャラ「Umbrella」発表!2021年内の参戦を予定

アクセスランキングをもっと見る

page top