SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社

スタジオの今後の展開はまだ明かされていません。

ニュース ゲーム業界
SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社
  • SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社
  • SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社

SIE JAPANスタジオの組織体制が再編され、Team ASOBIに再統合されることが明らかとなりました。

SIE JAPANスタジオは『GRAVITY DAZE』シリーズや『Demon’s Souls』などに携わったSIEによる国内開発スタジオです。ここ最近、鳥山晃之氏や山際眞晃氏といった開発スタッフの退社が相次いでいた同スタジオですが、新年度から組織再編を図るため、多くの開発スタッフとの契約が更新されなかったことが海外報道などで明らかとなっています。Game*Spark編集部ではこのスタジオ再編の報道を受けて日本SIEの広報担当者にコメントを求めたところ、以下のような返答を得ることができました。

SIEは、事業運営のさらなる強化を図るため、4月1日付でPlayStation Studios JAPAN Studioを新組織に再編することを決定いたしました。

JAPANスタジオは、「Astro's PLAYROOM」のクリエイティブチームである「Team ASOBI」に再統合し、ご好評いただいている「Astro's PLAYROOM」を中心に、ひとつのビジョンに向かってチームを集約いたします。

今後、JAPAN Studioタイトルの外部制作、ソフトウェアのローカライズおよびIPマネジメントなどの役割は、PlayStation Studiosのグローバル機能が担います。

再編後は、PS VR用ソフト『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』やPS5にプリインストールされている『Astro's Playroom』を手掛けた「Team ASOBI」が中心となる模様。ですがその後の詳しいスタジオ展開や、これまでに同スタジオが手掛けてきた『パラッパラッパー』『サルゲッチュ』、前述の『GRAVITY DAZE』といったシリーズ作品の今後などについてはコメントを得られていません。今後の動向に注目したいところです。

《TAKAJO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 【セール】『SOULCALIBUR VI』85%オフ、『CODE VEIN』『エースコンバット7』75%オフなど多数タイトルがお得な「BANDAI NAMCOパブリッシャーウィークエンド」がSteamにて開催中!【UPDATE】

    【セール】『SOULCALIBUR VI』85%オフ、『CODE VEIN』『エースコンバット7』75%オフなど多数タイトルがお得な「BANDAI NAMCOパブリッシャーウィークエンド」がSteamにて開催中!【UPDATE】

  2. Origin版『バトルフィールド4』を無料でゲットできちゃう!Amazonプライム会員特典「Prime Gaming」6月度ラインナップが更新

    Origin版『バトルフィールド4』を無料でゲットできちゃう!Amazonプライム会員特典「Prime Gaming」6月度ラインナップが更新

  3. Epic Gamesストアにて協力クッキングACT『オーバークック2』と2DローグライトACT『Hell is Other Demons』期間限定無料配布開始

    Epic Gamesストアにて協力クッキングACT『オーバークック2』と2DローグライトACT『Hell is Other Demons』期間限定無料配布開始

  4. マイクロソフトは『MLB The Show 21』のため発売前のXbox Series Xをソニーに提供していた

  5. 『Five Nights at Freddy's』作者のScott Cawthon氏が引退を表明―政治献金を巡り家族にも矛先

  6. MODの役職やかくれんぼルールがついに公式実装!『Among Us』新情報発表まとめ【SUMMER GAME FEST】

  7. 次のハード開発も発売の何年も前から取り組む必要がある―任天堂が増加傾向の研究開発費についてコメント

  8. 米任天堂、海賊版ROM配布サイトとの裁判に勝訴―サイト側に約2億円の損害賠償が命じられる

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top