Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」

『フォートナイト』や『ロケットリーグ』のアカウントシステム、クロスプレイといった機能を取り入れたいとしています。

ニュース ゲーム業界
Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」
  • Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」
  • Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」


Epic Gamesは、PC/PS4向け60人パーティーゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』の開発元であるMediatonicを含むグループ企業Tonic Games Groupを買収したことを発表しました

発表では、ゲーム性に変化はなく、今後もプラットフォームを問わずプレイヤーに素晴らしい体験を提供するために投資を続けていくとしており、近日中のXbox/ニンテンドースイッチでの展開予定にも言及しています。

またEpic GamesのCEOティム・スウィーニー氏は今回の買収に対し、「Epicがメタバースの構築に投資し、Tonic Gamesもこの目標を共有していることは周知の事実です。Epicはこのバーチャルな未来の構築に取り組むにあたり、強力なゲーム、コンテンツ、体験を構築する方法を知っている優れたクリエイティブな人材を必要としています。」と述べました。

Mediatonic側の発表では、この買収によってコミュニティのサポートを継続しながらゲームを改善し、本作をより多くのプレイヤーに提供する計画を加速させることができると説明。さらに発表内でのFAQにて、ゲームプレイに影響はないこと、現在のプラットフォームであるSteam/PS4でゲームを所持している場合は今後も変わりなくプレイやアップデートが受けられること、同じEpic Gamesのタイトルである『フォートナイト』『ロケットリーグ』のアカウントシステムやクロスプレイといった機能を取り入れたいことなどが語られています。なお、基本プレイ無料化への移行については「今のところ発表することはない」としています。


買収がゲームに影響することはない点が強調されていますが、過去に『ロケットリーグ』の開発運営を行うPsyonixが買収された際はすぐさま大きな変更はないとして、買収から約一年後に基本プレイ無料化とEpic Gamesストア独占配信、さらにSteam版の新規配信終了が発表されています。今回の発表でも基本プレイ無料化に関しては含みを持たせた内容となっており、今後の展開に注目が集まります。

なお、Tonic Games Group傘下の企業が手掛けるタイトルとしては、『PC Building Simulator』や『Mars Horizon』、『Good Company』などが存在。今回の買収では、これらの作品にも何らかの影響が生じる可能性があるかもしれません。

《TAKAJO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Warframe』『ロケットリーグ』など7タイトルが5月18日より期間限定無料配信―SIEの「Play At Home」イニシアチブ最終更新情報

    『Warframe』『ロケットリーグ』など7タイトルが5月18日より期間限定無料配信―SIEの「Play At Home」イニシアチブ最終更新情報

  2. Epic Gamesストアにて20世紀墺国クリエイターの葛藤描くADV『The Lion's Song』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて20世紀墺国クリエイターの葛藤描くADV『The Lion's Song』期間限定無料配信開始

  3. スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」

    スクエニ、2021年3月期の連結決算を発表―『FF7R』や『NieR Re[in]carnation』の貢献もあり前期比増収、アミューズメント事業は「生き抜くための体質改善を図る」

  4. 『SUPERHOT』『バイオショック リマスター』『Undertale』など数々の名作が手に入るチャリティーバンドル「Humble Heal: COVID-19 Bundle」販売開始!

  5. 『ファークライ6』『レインボーシックス クアランティン』は2021年9月までにリリース予定、海戦ACT『スカル アンド ボーンズ』は4年連続の延期に

  6. 『KOF XV』キャラクタートレイラー第18弾「レオナ・ハイデルン」公開!Vスラッシャーなどおなじみの必殺技を披露

  7. 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』開発元が新作タイトルの開発を発表―505 Gamesとのパートナーシップを結んだPC/コンソール向け作品

  8. 『ヴァルハラ』の“記録的なパフォーマンス”により『アサクリ』シリーズ総収益が飛躍的に増加―「予想を大幅に上回る業績のおかげで、記録的な年を達成」

  9. 新作『バトルフィールド』は現世代機向けにも発売される―6月にさらなる続報を公開予定

  10. ユービーアイソフトは今後「ハイエンドな無料プレイゲーム」を提供していくべき―決算説明会にて最高財務責任者が提言

アクセスランキングをもっと見る

page top