「子供の科学」最新号でインディーゲーム特集を掲載―『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』『Cuphead』クリエイターへのインタビューも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「子供の科学」最新号でインディーゲーム特集を掲載―『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』『Cuphead』クリエイターへのインタビューも

小中学生の“なりたい職業"として「ゲームクリエイター」が人気急上昇中のようです。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
「子供の科学」最新号でインディーゲーム特集を掲載―『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』『Cuphead』クリエイターへのインタビューも
  • 「子供の科学」最新号でインディーゲーム特集を掲載―『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』『Cuphead』クリエイターへのインタビューも
  • 「子供の科学」最新号でインディーゲーム特集を掲載―『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』『Cuphead』クリエイターへのインタビューも

誠文堂新光社は、小中学生向けの科学雑誌「子供の科学」2021年4月号にて『天穂のサクナヒメ』『UNDERTALE』などのインディーゲームを特集する「少数精鋭でつくられたゲームの舞台裏に迫る ゲームクリエイター最前線」を掲載しています。

現在は、小中学生の“なりたい職業"として「ゲームクリエイター」が人気急上昇中のようです。また、世界的にも少人数・低予算でつくられる「インディーゲーム」に注目が集まっています。

特集では、ゲームの魅力と制作背景に注目。昨年11月に発売されて85万本以上のヒット作となった『天穂のサクナヒメ』のなる氏、『UNDERTALE』のToby Fox氏、『Cuphead』のStudio MDHRなどへのインタビューを行い、ゲームを「遊ぶ」だけでなく、「つくる」とはどういうことなのかを考えていく内容が掲載されているようです。



「子供の科学」2021年4月号は現在発売中。別冊付録にはさまざまなスケジュール管理が可能な「KoKa手帳2021」が付属しています。

《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. どうぶつ達と暮らすほっこりライフシム『Hokko Life』6月2日にSteam早期アクセス開始予定

    どうぶつ達と暮らすほっこりライフシム『Hokko Life』6月2日にSteam早期アクセス開始予定

  2. 名作ホラー『零~zero~』がパチスロ化!YouTubeコメント欄では賛否両論巻き起こる

    名作ホラー『零~zero~』がパチスロ化!YouTubeコメント欄では賛否両論巻き起こる

  3. 『バイオハザード ヴィレッジ』今度はクリスの顔を赤ちゃんにするmod公開―赤ちゃんがクリスでクリスが赤ちゃんで...?

    『バイオハザード ヴィレッジ』今度はクリスの顔を赤ちゃんにするmod公開―赤ちゃんがクリスでクリスが赤ちゃんで...?

  4. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  5. PC版『ニーア オートマタ』用HDテクスチャーパックModの完成版がリリース

  6. 「オロミドロ」尻尾の音は“セロリ”を折って表現!?関西のTV番組にて『モンハンライズ』効果音の秘密が明らかに

  7. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

  8. 押すと音がなる緊急会議ボタンも!PC版『Among Us』コレクターズエディションが79.99ドルで予約受付開始

  9. ヨコオタロウ氏が『モンハンライズ』のストーリーを妄想!次々と“退場”するメインキャラ、滅びる里―このモンハンに救いはない…

  10. 37万ドルで購入した「ポケモンカード」の中身がすべて偽物!YouTubeにて悲しき現場がライブ配信

アクセスランキングをもっと見る

page top