米ゲーム業界にてアジア系アメリカ人を狙うヘイトクライムを糾弾する動きが広がる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ゲーム業界にてアジア系アメリカ人を狙うヘイトクライムを糾弾する動きが広がる

Acitivision Blizzardやベセスダ・ソフトワークス、Ubisoft San Francisco、ライアットゲームズ、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント、Bungie、Twitch、ESAなどが賛同しています。

ニュース ゲーム業界
David Ryder/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • David Ryder/Getty Images News/ゲッティイメージズ
David Ryder/Getty Images News/ゲッティイメージズ


先日、アジア系住民を狙ったヘイトクライム増加についてメッセージを公開していた米バンダイナムコに続き、Acitivision Blizzardやベセスダ・ソフトワークス、Ubisoft San Francisco、ライアットゲームズ、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント、Bungie、Twitch、ESAなども声明文を発表しました。

現地時間3月16日には連続銃撃事件でアジア系住民6名を含む犠牲者が出るなど、ヘイトクライムの増加が不安視されているアメリカ。Stop AAPI Hateの統計によれば、2020年には2019年当時と比較して、アメリカの大都市でのアジア系アメリカ人を対象としたヘイトクライムの報告数は2.5倍に増加したとのことです。

ゲーム業界でもこれらのヘイトクライムを糾弾し、Stop AAPI HateやAAPI Women Leadといった団体に寄付する動きが広がっています。









※3月13日投稿

《S. Eto》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

    『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

  2. スクウェア・エニックスが買収の噂を否定―売却の検討や提案を受けた事実なし

    スクウェア・エニックスが買収の噂を否定―売却の検討や提案を受けた事実なし

  3. Unreal Engine採用のゲームプレイ&作成プラットフォーム『Core』がEpic Gamesストアにて無料ローンチ!

    Unreal Engine採用のゲームプレイ&作成プラットフォーム『Core』がEpic Gamesストアにて無料ローンチ!

  4. 『War Thunder』のガイジンが新作WW2FPS『Enlisted』発表!―大スケールの第二次世界大戦

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 34年の時を経て新生『月風魔伝』見参!『GetsuFumaDen: Undying Moon』Steam/スイッチ向けに発表―Steam早期アクセスは5月14日から

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. スクエニへ脅迫メール送信の25歳介護福祉士逮捕―後に複数回謝罪メールも、脅迫や威力業務妨害が既に成立

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 往年のゾンビ撃ちまくりシューターが蘇る!『THE HOUSE OF THE DEAD: Remake』海外スイッチ向けに発表

アクセスランキングをもっと見る

page top