アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開

アメリカのゲーマー数は2億1,400万人に達しているとのこと。

ニュース ゲーム業界
アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開
  • アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開
  • アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開
  • アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開
  • アメリカでは高齢者のゲーマーが増えている?ESAが最新のビデオゲーム産業調査報告を公開

The Entertainment Software Association(ESA)は、アメリカ合衆国における2020年のビデオゲーム産業調査報告「2020 Essential Facts About the Video Game Industry」を公開しました。

報告によると、アメリカでは2億1,400万人が週に1時間以上ゲームをプレイしているとのことがわかりました。プレイヤーの平均年齢は35歳から44歳ですが、最もゲームをプレイしている年齢層は18歳から34歳のグループとなっています。

18歳から34歳のグループでは、男性の多くがコンソールでゲームをプレイし、シューター系を好む傾向があります。同グループの女性はスマートフォンでゲームをプレイする層が最も多く、ファミリー向けゲームを好む傾向があるとしています。興味深いのは65歳以上のグループで、そのほとんどがゲームプレイ歴10年以下であるとのこと。これは最近になって高齢者層にビデオゲームが浸透していったことが考えられるようです。高齢者層は男女ともにPCでゲームをプレイする割合が高く、ソリティアやテトリスといったカジュアル系が最もプレイされています。

ゲームをプレイする動機に関しては、80%が刺激であると答えるとともに79%が安らぎであると回答。また、ゲーマーの65%がオンラインあるいは対面で他のプレイヤーと遊んでいるとのことです。他にも親子の関わりとして、55%の親が週に1回以上子供とゲームをしているということや、92%の親が子供がプレイしているゲームに注意を払っていることなども報告されています。

公開ページでは同報告のデジタル冊子がダウンロード可能です。

《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 超高層ビルから不敵に飛び降りる謎の男は……?近未来パルクール対戦FPS『Skyscraper』2022年リリース

    超高層ビルから不敵に飛び降りる謎の男は……?近未来パルクール対戦FPS『Skyscraper』2022年リリース

  2. 週末セール情報ひとまとめ『サイバーパンク 2077』『Loop Hero』『聖剣伝説 3 TRIALS OF MANA』『Among Us』他

    週末セール情報ひとまとめ『サイバーパンク 2077』『Loop Hero』『聖剣伝説 3 TRIALS OF MANA』『Among Us』他

  3. 『地球防衛軍6』メンテもままならず兵器はトラックの荷台上で“間に合わせ”運用…!EDFは機能不全寸前、より過酷な状況を伝える最新情報が公開

    『地球防衛軍6』メンテもままならず兵器はトラックの荷台上で“間に合わせ”運用…!EDFは機能不全寸前、より過酷な状況を伝える最新情報が公開

  4. Epic Gamesストアにて適者生存オープンワールドアクションADV『Pine』期間限定無料配信開始

  5. プロゲーマー・梅原大吾氏、新型コロナの検査で陽性―「発症後は外出せず」「自宅療養を続けています」

  6. 『ディビジョン』シリーズ最新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』発表!基本プレイ無料で2022年までに配信予定

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『サイバーパンク2077』『ウィッチャー』シリーズの2021年ロードマップが公開―大まかな次世代機版リリース予定も発表

  9. キュートな動物の弱肉強食バトロワ『Super Animal Royale』コンソール版発表―まずはXbox版が6月に配信

  10. 『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」

アクセスランキングをもっと見る

page top