テンセントがライアットゲームズとEpic Games2社の株式継続保有を求め米当局と交渉 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テンセントがライアットゲームズとEpic Games2社の株式継続保有を求め米当局と交渉

テンセントはEpic Gamesの株式を40%保有。ライアットゲームズについては2011年に過半株式を取得し、残りを2015年に買収しています。

ニュース ゲーム業界
テンセントがライアットゲームズとEpic Games2社の株式継続保有を求め米当局と交渉
  • テンセントがライアットゲームズとEpic Games2社の株式継続保有を求め米当局と交渉

中国のインターネットサービス大手テンセント(騰訊控股)が、ライアットゲームズEpic Gamesの株式を引き続き保有するために、米当局の対米外国投資委員会(CFIUS)と交渉していることが海外メディアロイターにより報じられています。

ロイターによると、2020年下半期から続いているこの交渉において、テンセントに対して米企業株式の売却を命じる権限を持つCFIUSが、Epic Gamesとライアットゲームズのユーザー個人情報取り扱い状況が国家安全保障リスクに当たるかどうかを調べているとのことです。

テンセントは『フォートナイト』や「Unreal Engine」の開発元であるEpic Gamesの株式を40%保有しており、『VALORANT』『リーグ・オブ・レジェンド』の開発元であるライアットゲームズについては2011年に過半株式を取得し、残りを2015年に買収しています。

ロイターによると、テンセントは2社の株式保有維持を目指しリスク緩和措置を巡って米当局と交渉を進めているとのこと。Epic Gamesはテンセントとはいかなるユーザー情報も共有していないと関係筋がコメントしているとのことです。また、ライアットゲームズの広報担当者は同社がテンセントとは独立して運営されておりプレイヤー情報保護のため業界主導の慣行を実践していると説明。CFIUSとの交渉についてはコメントしなかったとのことです。

テンセントはこれまでも様々なゲーム会社に出資を行っており、カナダのディベロッパーKlei Entertainmentやスウェーデンのディベロッパー10 Chambersの過半数の株式をテンセントが取得。Amazon Game Studiosが香港のLeyou Technologiesとともに開発していた「ロード・オブ・ザ・リング」MMORPGがテンセントのLeyou Technologiesの買収により開発中止になるなどしています。今後もテンセントと米国当局の動向については、注視していく必要があると思われます。

《HATA》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

    「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

  2. アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

    アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

  3. 開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

    開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

  4. 『ポケモン ユナイト』新実装の「オーロット」は、まるで“別ゲー”!? 驚異のHP回復で妨害しまくり

  5. 「これからは90%の人が無駄にゲームをしなくなる」―Reddit創業者の一人が仮想通貨やメタバースなどの未来を予想

  6. 【72円!】オチンチ〇パーティーゲーム『Genital Jousting』が3周年記念で90%オフセール中

  7. 【速報】マイクロソフトがアクティビジョン・ブリザードを買収―買収完了後は世界第3位のゲーム会社へ

  8. 過去にもこれだけ払ってた!マイクロソフトの企業買収額ランキングTOP10を一挙紹介

  9. 『PUBG』開発者が技術デモ映像を公開―次回作はオープンワールド?

  10. アクションADV『シェンムー3』がSteamで75%オフに―芭月涼と共に冒険の続きをはじめよう

アクセスランキングをもっと見る

page top