『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】

バックアップも同時に故障してしまっているとのこと。

ニュース ゲーム業界
『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】
  • 『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】
  • 『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】
  • 『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】
  • 『死印』開発元新作ホラーADV『死噛』開発データが大幅に消失か―クラファンを実施し2022年3月発売予定も現在調査中【UPDATE】

死印』を手掛けた開発スタジオ・エクスペリエンスが『シビトマギレ(仮)』としてクラウドファンディングを実施した新作アドベンチャー『死噛』のデータがロストしたと、代表の千頭氏がツイートしました。

本作は、Jホラー特有のじっとりとした静かな“恐怖”をテーマにした同社の「心霊ホラーシリーズ」最新作で、『死印』『NG』に続く3作目となります。いつ襲われるかわからない……というハラハラを感じる謎解きADVをコンセプトにしていますが、過去作の要素を継承しつつ、視点を変更した新鮮さも兼ね備えた作品になっているとのこと。クラウドファンディングサイト・CAMPFIREにて開発資金を募り、目標金額の204%となる30,672,993円を、その後の追加募集では10,171,580円を集めました。

千頭氏のツイートによると遠隔でバックアップしていたデータも同時に故障し、「データ全部なくなった」としています。現在復旧作業中であるほか、スタッフが個別で持っている直近プロジェクトはあまり被害がないと思われるとのことですが、現時点で詳しい状況は現在調査中のようです。

『死噛』は2022年3月24日、PS4/ニンテンドースイッチ向けに発売予定。ですが、購入を考えている方は今後の発表に注意しておきましょう。


UPDATE(2021/06/09 13:08):記事内に古い情報が含まれていましたので、見出しおよび本文を修正・加筆しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

    “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  4. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  5. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  6. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  9. 「WHO AM I?」コジマプロダクションが謎のイメージを公開【TGS2022】

  10. 「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top