アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言

Xbox版『Doki Doki Literature Club Plus!』は海外版で国内向けにも配信中です。

PC Windows
アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言
  • アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言
  • アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言
  • アジア版『ドキドキ文芸部プラス!』は海外版と“差異ナシ”―ユーザーの不安を受けてパブリッシャーが発言

海外向けタイトルが日本国内で販売された際に海外版との「表現や内容の違い」がしばしば話題になりますが、本作に対しても「日本版は規制されるんじゃないの?」と声が上がっています。そんな不安の声を受けてか、『Doki Doki Literature Club Plus!』アジア版パブリッシャーであるPLAYISMは『ドキドキ文芸部プラス!』日本版と海外版の違いに対して発言しました。

PLAYISMによると、『ドキドキ文芸部プラス!』日本版は全要素を提出したうえでCERO:C(15才以上対象)でレーティングを取得。最終確認を行っており、海外版との中身の違いはないとのことです。

『Doki Doki Literature Club Plus!』はPC版がSteam/Epic Gamesストア向けに、そしてXbox版の配信が開始されています。公式に日本語対応した『ドキドキ文芸部プラス!』は10月7日リリース予定です。


《ばるたん》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 「ボダラン」関連作『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』2022年1月から3月末までに発売予定―Take-Two四半期報告で明らかに

    「ボダラン」関連作『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』2022年1月から3月末までに発売予定―Take-Two四半期報告で明らかに

  2. 発売までに抑えたい『スパロボ30』新規作品!無料で視聴できるアニメ第一話から、完結まで描いた小説作品まで

    発売までに抑えたい『スパロボ30』新規作品!無料で視聴できるアニメ第一話から、完結まで描いた小説作品まで

  3. 北欧サバイバル『Valheim』でボスを逆から倒していくチャレンジを達成した勇士現る!

    北欧サバイバル『Valheim』でボスを逆から倒していくチャレンジを達成した勇士現る!

  4. 旧作『TES』開発者ら送る新作大型オープンワールドRPG『The Wayward Realms』発表!

  5. 『Mount & Blade II』最新アップデートで新モード「アイアンマン」「デュエル」が登場

  6. Co-opゾンビシューター『Zombie Army 4』に『Left 4 Dead 2』のキャラクターが参戦!

  7. 『バトルフィールド 2042』ロケーションの背景を手記風に語るシリーズが公式サイトで公開―8月13日まで更新予定

  8. 『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー

  9. ダサい犯罪に正装を加えるレトロFPS『Fashion Police Squad』海外時間8月6日からのCBT参加登録受付中

  10. 国内PC向け新作MMORPG『エリオン』公式サイトが公開―9月よりプレオープンテスト実施!

アクセスランキングをもっと見る

page top