「SIE JAPANスタジオ」の名が公式サイトから消滅―現組織となるTeam ASOBIへ変更に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「SIE JAPANスタジオ」の名が公式サイトから消滅―現組織となるTeam ASOBIへ変更に

SIE JAPANスタジオは2021年2月、組織再編によりTeam ASOBIと統合しました。

ニュース ゲーム業界
「SIE JAPANスタジオ」の名が公式サイトから消滅―現組織となるTeam ASOBIへ変更に
  • 「SIE JAPANスタジオ」の名が公式サイトから消滅―現組織となるTeam ASOBIへ変更に
  • 「SIE JAPANスタジオ」の名が公式サイトから消滅―現組織となるTeam ASOBIへ変更に

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの公式サイトから閲覧できるスタジオ一覧よりSIE JAPANスタジオが削除され、現組織であるTeam ASOBIに変更されていることが明らかになりました。

サルゲッチュ』『SIREN』『GRAVITY DAZE』『Bloodborne』など数々のタイトルを手掛けたSIE JAPANスタジオは、2021年2月に組織再編により『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』や『Astro's Playroom』を手掛けたTeam ASOBIへ統合されることが発表。その前後には、鳥山晃之氏や山際眞晃氏など多くのクリエイターの退社や独立が相次いでおり、JAPANスタジオが手掛けたシリーズの今後も明らかになっていません。

なお、海外では6月上旬までSIE JAPANスタジオの名で公開されていたほか、日本語公式サイトでも5月下旬までは同様の表記だったことから、この1ヶ月程度で差し替えられたものとみられます。

5月下旬の公式サイトにはJAPANスタジオの名前が残っていた。
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

    『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

  2. 『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

    『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

  3. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  4. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  5. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  6. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  7. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  8. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  9. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  10. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

アクセスランキングをもっと見る

page top