建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ

70,000を超える敵キャラクターを同時に表示できるのが特徴としています。

PC Windows
建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ
  • 建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ
  • 建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ
  • 建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ
  • 建設&RTSサバイバル『Age of Darkness : Final Stand』2021年秋早期アクセスでリリース―押し寄せる数万の軍勢から生き延びろ

PlaySideは、ファンタジーサバイバルRTS『Age of Darkness : Final Stand』をSteam向けに2021年秋に早期アクセスでリリースすると発表しました。

本作は、建設シミュレーションとRTS、サバイバル要素が組み合わさった作品。夜になると霧の中から闇の軍勢が現れる世界で、プレイヤーは昼に拠点を築き戦士を集め、世界を取り戻すための戦いを行います。

「70,000を超える敵キャラクターを同時に表示できる」のが特徴の本作。公開された映像では拠点へと襲いかかる圧倒的物量の闇の軍勢を確認できます。プレイヤーの重要な使命は夜の間を生き抜くことで、無事に生存した場合は「祝福」を得てユニットのアップグレードが可能です。

早期アクセス版では、戦闘や建設など基本的なゲームプレイが楽しめるサバイバルモードを実装。早期アクセス期間はおよそ一年を予定しており、製品版ではストーリーモードや新たなコンテンツが追加されます。

『Age of Darkness : Final Stand』は、PC(Steam)向けに2021年秋早期アクセスでリリース予定です。

《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. SFサバイバルホラーRPG『Chernobylite』日本語対応でPC版正式発売―当初よりボリュームが3倍に拡大

    SFサバイバルホラーRPG『Chernobylite』日本語対応でPC版正式発売―当初よりボリュームが3倍に拡大

  2. ダークファンタジーなメトロイドヴァニア風ADV『Unbound: Worlds Apart』PC/スイッチ向けに配信開始!

    ダークファンタジーなメトロイドヴァニア風ADV『Unbound: Worlds Apart』PC/スイッチ向けに配信開始!

  3. 『L4D』開発元新作4人Co-op『Back 4 Blood』開催迫るオープンベータトレイラー公開―協力と対戦どちらもプレイ可能

    『L4D』開発元新作4人Co-op『Back 4 Blood』開催迫るオープンベータトレイラー公開―協力と対戦どちらもプレイ可能

  4. 『FF ピクセルリマスター』から『FF1』『FF2』『FF3』配信開始!名作が新たなグラフィックとサウンドで蘇る

  5. 『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

  6. リマスター版『零 ~濡鴉ノ巫女~』10月28日発売決定!新要素「フォトモード」で心霊写真も撮り放題

  7. 成り上がり中世オープンワールド『Medieval Dynasty』正式リリース日決定!値上げ前最後のセールも

  8. クローズドβ中のAmazon新作MMO『New World』Steam同時接続プレイヤー数が20万人突破!

  9. 空戦から外交まで指揮する飛行船ストラテジーACT『HighFleet』Steamで配信スタート

  10. FC版?GBA版?いやいやホントに新しい―比べてみました『FF1~3』ピクセルリマスター&オリジナル【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top