海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画

増える。

ゲーム文化 インディーゲーム
海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画
  • 海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画
  • 海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画
  • 海外開発者が新作ホラーゲームのプレイテスト中に恐怖のバグに遭遇―その怖さに正式実装も計画
『My Friendly Neighborhood』トレイラー

現在、新作ホラーゲーム『My Friendly Neighborhood』を開発中のJohn Szymanski氏が、プレイテスト中に遭遇した恐怖のバグをTwitterで紹介しました。

セ○ミストリート的な人形が笑顔で迫ってくるという時点で怖い本作ですが、今回遭遇したバグでは背後から人形を撃った瞬間に突如増殖! 一斉に襲いかかってくるのです。倒しても倒しても追いかけてくるのは恐怖ですね。John Szymanski氏にとっては自分が作っていない動作だったので視聴者以上に驚いたことでしょう。

Kotakuのインタビューによれば、誤って1つのスポーンポイントに復数の人形を配置してしまったようで、プレイヤーキャラの攻撃によってアクティブ化された瞬間、それぞれが物理挙動とともに動き出したとのことです(最初1体に見えたのはアニメーションが同じだったため)。

意図せず生まれたこの増殖恐怖。John Szymanski氏は正式に実装しようと計画しているそうです。ちなみに、他にも一時的なスピードブーストを与えるチョコバーをすべて見つけて同時に使うと、壁をすり抜けてしまうほど速度が上がるというレアなバグもあえて残してあるのだとか。

『My Friendly Neighborhood』はSteamで配信予定です。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「PLAYISM Game Show: Premium Edition」開催延期“出演者発表の誤りとその対応の不手際等”が原因に

    「PLAYISM Game Show: Premium Edition」開催延期“出演者発表の誤りとその対応の不手際等”が原因に

  2. 『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の続報は9月30日「東京ゲームショウ2021オンライン」で披露

    『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の続報は9月30日「東京ゲームショウ2021オンライン」で披露

  3. 『遊戯王』海馬セットが9月21日12時より予約開始!「青眼の白龍」3枚に特製アタッシュケース、豪華セットを見逃すな

    『遊戯王』海馬セットが9月21日12時より予約開始!「青眼の白龍」3枚に特製アタッシュケース、豪華セットを見逃すな

  4. 緻密ドット絵が凄い無料ADV『If On A Winter's Night, Four Travelers』Steam版配信

  5. アニメ映画「スーパーマリオ」が2022年ホリデーシーズンに公開決定―宮本茂氏による声優陣発表も

  6. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  7. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第7回「CRカップ」10月9日開催!質問要望は白雪レイドさんへ

  8. 「遊戯王」25周年記念“海馬セット”にファン歓喜!アタッシュケースで「これ全部と交換してくれ」が再現できると話題に

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 材料を調合してポーションを作る錬金術師シム『Potion Craft』早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top