『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】

主人公Stellaが最初に導く魂は、実の姉Gwenでした。最期の時間を共に過ごしましょう。

連載・特集 特集
『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】
  • 『Spiritfarer』気難しくても頼れる姉Gwen―苦い思い出も癒やせる日が来る?【ゲームで英語漬け#75】

SpiritfarerになったStellaが最初に迎えることになった魂は、生前の姉妹だったGwen。裁縫が得意で勝ち気なGwenは、導き手になりたてのStellaの初航海を懇切丁寧にサポートしてくれます。そして時々、かつて一緒に過ごした家族との思い出を語らうのです。

練習問題の解答

『Spiritfarer』9月6日はレイバー・デー ストライキの様子をのぞき見してみよう【ゲームで英語漬け#74】

問:
Plus 20% increase in wages , and full compensation for medical expenses.

As well as another week of vacation and 5% on capital gains.

解答例:

加えて20%の賃金アップ(ベア)、医療費の全角補助も。

もちろんもう一週分の休暇と資本利得の5%もです。

Dialogue -Gwen

You know, I’m delighted that you’re here with me.
But I’m not surprised one bit.
It adds up.
You here, taking care of me in final hours.
You’ve always cared so damn much about others.
Always protected those you found vulnerable.
Even pedantic snob like me.
Remember the day my father yelled at the cat?
We just got out of elementary school.
You were wearing those blue sneakers with the glittery tags.
And there you were, yelling back at my father like you were on a mission.
Father turned red and smashed the purple Delano vase.
It was rad.

  • Add up:合点がいく、納得する

  • Vulnerable:弱者

  • Pedantic:衒学的な

  • Rad(形):過激な(Radicalの略)、ヤバい

ほんと、あなたがいてくれて嬉しいわ。
でも全然驚かないわね。むしろ納得してるくらいよ。
こうして最期の時まで世話を焼きに来てくれてる。
あなたっていつもみんなの面倒を見てきたんだもの。
いつだって弱ってる人を見ると守ろうとしていた。
私みたいなお高くとまってるのでさえもね。
父さんがネコに怒鳴った日のこと覚えてる?
2人とも小学校を卒業したばっかりだった。
あんたはキラキラの先金が付いた青いスニーカーを履いてて。
それから、あんたは必死になって父さんに怒鳴り返してた。
父さんは真っ赤になって、紫のデラノの花瓶を叩き割ったっけ。
あれはケッサクだったわね。

両親の離婚もあり、二人が幼い頃に暮らしていた家庭は順風満帆とは行かなかった様子。父親と折り合いが悪かったGwenは複雑な気持ちを抱いていたようです。過去の思い出語りの場面だと、英文では過去形で記述されるのが当然ですが、これをそのまま日本語訳にすると「~した」「~だった」が連続することになります。人物の語り口調を訳する場合、堅すぎたり不自然な印象を与えてしまうので、語尾にバリエーションを付けることで台詞らしさを出します。

航海に必要なものを揃えていく途中、Gwenは買い物へとStellaを連れ出します。しかし店主であるアライグマのTheodoreは、ぼったくりの値段をふっかける悪徳商人。阿漕な商売をするTheodoreに対し、Gwenはやり込めてやろうと提案します。

Gwen:
Theodore. I know what you’re doing here.
And you should be ashamed of yourself, you trash panda.
People like you are the reason we have middle fingers.

Theodore:
What!?
Madam, what’s the meaning of this?

Gwen:
My friend here is the new Spiritfarer.
But she’s not a newbie. And neither am I.
That little scam of yours won’t work on us.

Theodore:
But... I...
I can assure you, my business practices are quite above board!

Gwen:
Be warned, you treacherous striped weasel.
I won't tolerate this behaviour more second.
No more shenanigans, no more double crosses.
Just fair prices.

Theodore:
I...

Gwen:
So stop being dishonest at once.
And next time I see you, I’ll try being nicer.
If you start being smarter. Got it?

Theodore:
But... Yes! Yes, of course!
I promise you I’ll adjust my prices!
I beg you, please don’t scold me anymore!
I’ll even give you a discount!

  • Above board:公明正大

  • Treacherous:卑劣な

  • Shenanigan:悪ふざけ

  • Double cross:裏切り、騙し

グウェン:
セオドア、あなたのやり口はお見通しよ。
恥知らずも良いところね、この浅ましいパンダめ。
中指ってあなたのような連中のためにあるんでしょうね。

セオドア:
は!?
奥様、一体何をおっしゃるので?

グウェン:
そこにいる私の友人は新しい『魂の導き手』なの。
でも素人なんかじゃないわ、もちろん私もね。
あなたの小細工なんて通用しないわよ。

セオドア:
そんな…
誓ってこのわたくしめ、真っ当に商売をしているだけですよ!

グウェン:
言ったでしょう?卑怯な縞模様のイタチ野郎め。
これ以上の振る舞いはもう我慢ならないわ。
ふざけるのも騙すのも無し、相応の値段になさい。

セオドア:
わ、わたくしは…

グウェン:
その曲がった根性はこれっきりにするのね。
次に来る時には私も優しくしてあげようかしら。
あなたが「賢明」にしていたらね。いいこと?

セオドア:
その…は、はいっ、もちろんですとも!
価格の見直し、お約束致します!
頼みますから、もう怒鳴らないでくださいよ~!
あなたにも値引き致しますから!

「中指」というワードに触れるあたり、攻める時はなかなかの口達者のようですね。Theodoreはアライグマですが、それに引っかけて「Trash panda」「Striped weasel」という2種類の動物が出てきます。「Trash panda」は、アライグマの目の周りがパンダに似ており、街中に出てゴミ漁りをしているアライグマのことをそう呼びます。「Weasel(イタチ)」は慣用的に、詐欺などを働いて他人を騙す小狡い人のことを指します。

練習問題:次の台詞を訳しなさい。

How long has it been since we’ve been here together, Stella...

二人にとって思い出となる場所に訪れた時の一言です。しみじみと情感を込めて訳してみましょう。

《Skollfang》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top