ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース

パズルであり、おうちの飾りつけゲームでもあります。

ゲーム文化 インディーゲーム
ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース
  • ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース
  • ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース
  • ありふれた体験から人生に触れる荷ほどきパズル『Unpacking』XB1/スイッチ/PC向けにリリース

Humble Gamesは、Witch Beam開発の荷ほどきパズル『Unpacking アンパッキング』をXbox One/ニンテンドースイッチ/Windows/Mac/Linux向けにリリースし、あわせてローンチトレイラーを公開しました。

本作は箱から取り出した荷物を新しい家に置いていくパズルゲーム。限られた空間をうまく埋めていくというパズルゲームでありながら、居住空間を飾りつけていくという楽しみ方もできます。荷ほどきする際にはタイマー、メーター、スコアがなく、禅の要素を含んだ瞑想的なゲームプレイだともされています。

また8件の引っ越しで荷ほどきする品々にはストーリー性があり、直接目にすることの無い人物の物語を突き止めていくという要素も備えています。

『Unpacking アンパッキング』はXbox One向けに2,350円、ニンテンドースイッチ向けに2,090円、Windows/Mac/Linux向けにSteamにて2,050円、GOG.comにて19.99ドルで配信中。またXbox One/Windows向けにXbox Game Passにも対応しています。

《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

    「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

  2. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

    最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  3. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  4. 『Apex Legends』国際大会ALGSでコーチの“イス”に注目集まる―ただのパイプイスが、ほんのちょっとだけ良いイスになった

  5. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  6. 『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

  7. ドラマ版「The Last of Us」ビル役俳優が原作をプレイしない理由とは―約25年前最後に楽しんだのは『バンジョーとカズーイ』

  8. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  9. 『ドンキーコング』ギネス世界記録保持者のビリー・ミッチェルに新たな不正の疑い?「オリジナルと異なるレバーで操作を有利にしている」との指摘

  10. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

アクセスランキングをもっと見る

page top