なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開

開発者向けの新プログラム「ID@Azure」も紹介されています。

ニュース ゲーム業界
なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開
  • なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開
  • なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開
  • なんと総額3,000億円以上!インディー支援プログラムID@Xboxの業績が公開

マイクロソフトは9年前のプログラム開始以来、ID@Xboxを通してインディー開発者が総額25億ドル(約3,000億円)稼いだことを報告しました

ID@Xboxとは、マイクロソフトによるゲームデベロッパー支援プログラムです。本プログラムではXbox向けの開発キット提供や、 Xbox Live対応やMicrosoftストアでのデジタル販売に関するサポートが受けられます。

Xbox Wireで紹介されたサポートタイトル例『Escape Academy』

今回の報告によると、ID@Xboxの支援下でインディー開発者は今まで総額25億ドルのロイヤリティを稼ぎ、過去3年では2倍も増えているそうです。この件に関して、本プログラムの責任者クリス・チャーラ氏は「驚異的な数字であり、インディー開発者の力を物語っている」とコメントしました。

Xbox Wireで紹介されたサポート作品例『WrestleQuest』

またチャーラ氏いわく、ID@Xboxはマイクロソフト製品に限らず任天堂やソニーハード向け開発者も対象であり、新プログラム「ID@Azure」も開始されているといいます。



《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

    小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

  2. フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

    フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

  3. 【Steamサマーセール】爽快or緊張どっちが好き?GSおすすめ「シューター」10タイトル

    【Steamサマーセール】爽快or緊張どっちが好き?GSおすすめ「シューター」10タイトル

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 【Steamサマーセール】過酷な世界を生き抜け!GSオススメ「サバイバルゲーム」10タイトル

  6. 週末セール情報ひとまとめ『Rust』『デビルサマナー ソウルハッカーズ』『Ghostwire: Tokyo』『ELEX II』他

  7. 裸一貫のハードコアサバイバル『Rust』Steam版が半額!配信でも人気を博した定番マルチプレイヤー

  8. CoD最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は2022年10月28日に発売!

  9. 無料配布から始める『Dead by Daylight』。初心者はまずこれ覚えて!

  10. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top