ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート

ピカチュウ部分の手触りがもう…!

PC パーツ・周辺機器
ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート
  • ピカチュウの毛皮は柔らかかった…!Secretlab『ポケモン』ゲーミングチェアフォトレポート

昨年末に『ポケモン』のゲーミングチェアが発売されていたことを、読者の皆様は覚えていますでしょうか?発売早々に売り切れとなってしまった、そのSecretlab「TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition」「TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition」の在庫が先日より復活しています。

そこで本記事では、同社から頂いたサンプルを用いて#025 EditionのRサイズ、ピカチュウがあしらわれたゲーミングチェアのフォトレポートをお届けします。購入に悩んでいる方の一助となれば幸いです。


単純なチェアとしての使い心地、機能面については同チェアの元となった「Secretlab TITAN Evo 2022 SoftWeave Plus」のフォトレポートに任せるとして、本記事では早速違いについて触れていきましょう。

まずは内容物から。目立つ違いとしては、大判の組み立て解説シートの裏面もポケモン仕様。「これはピカチュウ版」とこれでもかと主張してくれています。

組み立てについても「Secretlab TITAN Evo 2022 SoftWeave Plus」のフォトレポートに任せるとして、早速完成品へ移っていきましょう。ベースとなるのは黒の合皮ということで、艶やかな光沢を含め、「子供向け」の印象を感じない高級感ある仕上がりです。

続いて背面。ピカチュウもしっかり背中向き。

チェアの各部には刺繍が施され、更に満足度を高めています。

付属のヘッドレストもピカチュウ色の文字。

そしてここからが本チェアの真骨頂。大きくあしらわれたピカチュウのビジュアル面なのですが……。実はこれ別素材です。

この部分には本当に肌触りの良い「毛」と言った印象の素材が使われており、「実際のピカチュウもこんな肌触りなのかな……」と思わせる気分で、いつまででも触っていられそうでした。もちろんチェアの背の背中向きのピカチュウ部分も同素材です。

「TITAN Evo 2022 SoftWeave Plus」との比較。この写真のSoftWeave PlusはSサイズで本チェアはRサイズなので、大きさの参考にもどうぞ。

ベースとなるチェアの作りは確かなだけに、この『ポケモン』がもたらすワンポイントが気に入ったならば、本チェアは確かな選択となるでしょう。「TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition」「TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition」は、SサイズRサイズともにAmazonにて72,900円で販売中です。


《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

    オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

  2. 架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

    架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

  3. 『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

    『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

  4. 『CoD:ウォーゾーン2.0』新シーズンで追加の日本マップ「アシカアイランド」発表!古城や日本語看板の観光センターなど気になる拠点満載

  5. 戦闘がより残酷で肉体的に!『ダイイングライト2』今後のアプデ内容が発表―DLC第2弾の予告も

  6. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  7. 『FF14』高難度コンテンツ「絶オメガ検証戦」最速クリアチーム現るも、外部ツール使用か?内部告発と思われる動画が浮上【UPDATE】

  8. 発売迫る『ホグワーツ・レガシー』ローンチトレイラー!秘密の眠る魔法界での大冒険に飛び込もう

  9. 「Steam Deck」2023年1月のプレイ時間ランキング発表!トップ3は『エルデンリング』『Vampire Survivors』『ウィッチャー3』

  10. 新作ダークファンタジー・アクションRPG『ザ ロード オブ ザ フォールン』最新スクリーンショット公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top