村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】

とにかくグラフィックが素敵なリラックスゲームです。

連載・特集 特集
村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】
  • 村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】
  • 村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】
  • 村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】
  • 村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】
  • 村づくりパズル『Dorfromantik』―グラフィックは、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けた【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Toukana Interactive開発、PC向けに4月28日にリリースされた村づくりパズル『Dorfromantik』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、提示された様々な地形のタイルを手札が尽きるまで配置するというリラックスしながら楽しめる村づくりパズルゲーム。線路や川を途切れさせないようにしつつ様々なタスクを達成することで追加の手札を手に入れハイスコアを目指します。日本語にも対応済み。

『Dorfromantik』は、1,420円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Lucaこんにちは、Lucaです。Toukana Interactiveを設立した4人の中の1人で、本作の開発をしました。開発チームの中ではアートとグラフィック、そしてゲームデザインを主に担当しています。本作では特にたくさんの3Dモデルとテクスチャーを作りましたが、本作のロゴやマーケティング資料を作ったりもしています。

私が一番好きなゲームは、以前からずっと『ゼルダの伝説 時のオカリナ』ですね。

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Luca私と開発チームは、HTW Berlinで一緒にゲームデザインを学んでいたとき、本作の開発をスタートさせました。私たちは1年以内にゲームをリリースしようという計画を立て、そのために小さなプロトタイプをいくつか作り、どのゲームコンセプトが一番ポテンシャルを持っているか試してみたのです。結果的に、本作の元となるプロトタイプに決めることとなりました。このプロトタイプは、その時行われていたLudum Dareゲームジャムのために作られたものでもあったのです。この時すでにたくさんのポジティブなフィードバックを得ていたことから、これに決めました。

――本作の特徴を教えてください。

Luca本作一番の特徴は、タイルランダム生成システムと組み合わされたタイル配置システムでしょう。これにより、すべてのラウンドが異なるプレイになります。また、本作のリラックスできる雰囲気や禅風のゲームプレイもプレイヤーの皆さんから高く評価されています。

――本作がどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Luca本作は本当にすべての人にプレイしていただけます。他のプレイヤーと真剣に競い合うこともできますし、自分だけの小さな世界をリラックスしながら作ることもできるのです。この敷居の低さにより、本作はどんな人にも遊んでいただけます。しかし極めるのはとても難しいのです。私の祖母でさえも本作を楽しんでいますが、もし一つのモードでランキングの上位を狙うのであれば、プレイヤーはしっかりとした計画を立て、かなり慎重にパズルを解いていく必要があります。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

LucaISLANDERS』からはミニマリズム、本作の中心となるゲーム性については『テトリス』と言った別のゲームから多少インスピレーションを受けています。グラフィックについては、印象派の風景画や木製のおもちゃを見てその影響を受けました。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Lucaありました。大学の中にある私たちのオフィスで作業をすることが長いことできなかったのです。そのせいで、ほとんどの作業はリモートで行なっています。それでも、本作の基礎となる部分で、私たちが当初計画していたものはすべて搭載することができました。Steamで早期アクセスを実施していましたので、コミュニティと一緒に本作をより良いものにすることができたのです。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Lucaはい、大丈夫です。本作を使った動画を見るのはどんなものでもとても嬉しいですし、Twitchでプレイの様子を見るのも大好きです。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Luca本作を遊んでみていただいたすべての日本のプレイヤーの方に感謝申し上げます。そしてもっと多くの人が本作に興味を持っていただけると嬉しいです。本作はSteamとGOG.comで配信中です。私たちのDiscordもストアページにありますので、ぜひご参加ください。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。


Little Witch Nobeta (リトルウィッチノベタ) -PS4
¥4,091
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【Switch】太閤立志伝V DX
¥4,273
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Chandler》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top