約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる?

その色深度はなんと1bpp、モノクロの世界となっています。

ゲーム機 技術
約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる?
  • 約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる?
  • 約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる?

今となっては何が起きても不思議ではないクラシックFPSの金字塔『DOOM』ですが、2022年初頭には1.3インチのモニターを備えたマシンによる動作が実現されています。そして今回、外部接続ではあるものの、レゴ1ブロックで出来たモニターで“0.42インチのモニター”による『DOOM』プレイを実現するユーザーが登場しました。

本モニターをDIYしたのはTwitterユーザーのジェームズ・ブラウン氏。同氏は過去に全キーをモニター化したキーボードや、タッチ操作可能なレゴブロック・モニターといった作品を公開しています。

今回披露されたレゴブロックは“外部接続”なため単体での動作・操作は不可能ですが、極小サイズモニターでのゲームプレイが実現されました。解像度が72x40(0.42インチ)な上に、色深度もわずか1bppしかないので、もはや“何となく”というレベルではありますが『DOOM』だと分かります。

ちなみに、ブラウン氏は他にも映画「ブレードランナー」に登場する「フォークト=カンプフ検査(の装置)」をポケットサイズで再現しており、使用されたプログラムがGithubにて公開中です。

《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ゲムスパ編集部にSteam Deckがやってきた!全く新しい携帯ゲーミングPCから迸る無限の可能性を見よ

    ゲムスパ編集部にSteam Deckがやってきた!全く新しい携帯ゲーミングPCから迸る無限の可能性を見よ

  2. 「メガドラミニ2」に『ビューポイント』収録決定! 国内向けメガドラ版が初上陸─『ファンタシースターII』など10本の収録作も発表

    「メガドラミニ2」に『ビューポイント』収録決定! 国内向けメガドラ版が初上陸─『ファンタシースターII』など10本の収録作も発表

  3. 「市場操作」か?「需要と供給」か?議会を巻き込んだイギリスの仁義なき転売事情

    「市場操作」か?「需要と供給」か?議会を巻き込んだイギリスの仁義なき転売事情

  4. CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

  5. 現実さながらの景観で釣りが楽しめるVR専用『Real VR Fishing』日本が舞台となる「Japan DLC Part 1」8月19日発売

  6. 原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」

  7. 『ロボアレスタ』ってなに!?「メガドラミニ2」収録作に多数の“裏話”―『三國志III』はカートリッジ版・CD版を両収録

  8. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  9. PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

  10. 【E3 2014】「ヴァーチャル・リアリティには30fpsではなく60fpsが必要」OculusのCEOが語る

アクセスランキングをもっと見る

page top