映画版「Ghost of Tsushima」は全編日本語&日本人キャストで!監督の希望にはソニーも乗り気 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画版「Ghost of Tsushima」は全編日本語&日本人キャストで!監督の希望にはソニーも乗り気

本作の監督を務めるChad Stahelskiが海外メディアColliderのインタビューで明かしました。

ゲーム文化 カルチャー
映画版「Ghost of Tsushima」は全編日本語&日本人キャストで!監督の希望にはソニーも乗り気
  • 映画版「Ghost of Tsushima」は全編日本語&日本人キャストで!監督の希望にはソニーも乗り気
  • 映画版「Ghost of Tsushima」は全編日本語&日本人キャストで!監督の希望にはソニーも乗り気
  • Photo by Jerod Harris/Getty Images for Lionsgate

海外メディアColliderのインタビューにて、映画版「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」の監督を務めるチャド・スタエルスキ(Chad Stahelski)氏は、本作で日本人のキャストを起用し、日本語で制作したいという意向を明かしました。

2020年に発売され、世界的なヒットとなったソニー・インタラクティブエンタテインメントの『Ghost of Tsushima』は、2021年には映画化も発表されるなど、ゲームに止まらないIPの展開がアナウンスされています。具体的な公開時期などは未発表なものの、監督は「ジョン・ウィック」シリーズなどを手掛けるチャド・スタエルスキ氏が務めることが発表されており、海外メディアのインタビューに応じた同氏は、「黒澤明監督のファン(自分の人生に最も影響を与えた5人の監督の中の一人)であり、日本の文化や言語に愛着がある」と16歳の頃から何度も日本を訪れるなど日本文化にも造詣が深いことを明かしています。

チャド・スタエルスキ監督
(Photo by Jerod Harris/Getty Images for Lionsgate)

またスタエルスキ氏は、本作を英語ではなく全編日本語及び日本人キャストで制作する意向も明らかにしており、この方針についてはソニーも協力的であると語りました。自分の母語ではない言葉で制作したとしても、西洋の観客も熱狂させたいと意気込みを語り、サイレント映画とジャッキー・チェンのカンフー映画を例に、無音であっても、または言葉を理解できなくても成功する映画を制作できると述べています。

一方で、インタビュアーは「パラサイト 半地下の家族」や「イカゲーム」といった映像作品によって、北米でも字幕作品がヒットする可能性はでてきたが、それでも統計的には失敗に終わることが多いと指摘。そうした課題については、前述のジャッキー・チェンのように、いかに役者の表情を演出するかということが大事になってくるだろうとしており、もちろんそれだけではなく、アクションもストーリーもビジュアルのそれぞれを1つも欠くことなく高いレベルでまとめられれば、字幕作品であっても多くの観客が車を劇場に飛ばすだろうと意気込んでいます。

まさかの全編日本語&日本人キャストという可能性もでてきた映画版「Ghost of Tsushima」ですが、誰が出演し、どのような映像に仕上がるのか今から楽しみですね。


【PS5】Ghost of Tsushima Director's Cut
¥6,114
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ジ・アート・オブ Ghost of Tsushima (G-NOVELS)
¥4,455
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《DH》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  4. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  5. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  8. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  9. 脱出ゲーム『アリシアちゃんと〇ックスしないと出られない部屋!』発表―いったい何ックスなのか…

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top