ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち

個性豊かすぎるコーチがイスタンブールに集結!アンケートで1位に輝いたのは…。

ゲーム文化 eスポーツ
ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち
  • ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち
  • ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち
  • ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち
  • ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち
  • ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち

各国のトップチームがイスタンブールに集結し、年間チャンピオンの座を巡って激戦を繰り広げた『VALORANT』の世界大会「VALORANT Champions 2022」。選手たちによる白熱した戦いの一方で、裏方である“コーチ”にも大きな注目が集まっていました。

世界の注目を集めた「ZETA DIVISION」の名参謀

本来、コーチは縁の下の力持ち的な役割であるため、表舞台に立つ機会は多くありません。しかしオフライン大会では、選手と共に会場入りするため、カメラに映し出される場面もしばしば。

そんな中、今大会最も注目を集めたのが、日本代表「ZETA DIVISION」のヘッドコーチを務めるXQQさん。4月に行われた「VCT 2022 Stage 1 Masters」でも全身黒に包まれた貫禄十分なルックスが国内外で話題となり、海外キャスターからは「スタイリッシュなコーチ」と評されていました。

今となっては、『VALORANT』競技シーンを代表する名物コーチの1人と言えるでしょう。さらに「VALORANT Champions 2022」では、その地位を象徴するような出来事が。

VALORANT Champions Tour」の公式Twitterにて、「VALORANT Championsのベストドレッサーはどのコーチか?」というアンケートが行われたところ、XQQさんは16,658票の内66.5%という圧倒的な支持を得て、1位に輝いたのです。

意外な形で実質的に“世界王者”の座を獲得したXQQさん。SNS上では、「Qさんかっけぇ」「ファッションリーダーXQQ」「明らかにマフィアのボスだもんな」と大きな反響が広がっていました。

その一方、「VALORANT Champions 2022」では他にも、各国の名物コーチが勢ぞろいしていたようです。


《サワディ大塚》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

    「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  4. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  7. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  8. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top