『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始

舞台となるヴィクトリア朝邸宅は自動生成されます。

PC Windows
『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始
  • 『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始
  • 『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始
  • 『クロックタワー』風だが刃物や銃に魔法も使える2.5Dホラー『Withering Rooms』Steamにて早期アクセス開始

Moonless Formlessは、ホラーアドベンチャー『Withering Rooms』の早期アクセスをWindows向けに開始し、あわせてトレイラーを公開しました。

本作は自動生成されるヴィクトリア朝邸宅を探索する2.5Dホラーアドベンチャー。徘徊する怪物をスニーキングでやり過ごしながら探索する横スクロールのホラーというと名作『クロックタワー』を思い出しますが、本作では主人公が武器や魔法で反撃することも可能となっています。

奇妙な友人や商人との出会いもある邸宅を探索して武器やクラフト素材を探し、魔法も使うことができますが、魔法については使うほどに主人公が呪われていってしまうとのこと。また次の夜へアイテムを持ち越すか、あるいは永続的なレベルアップをするための儀式をすることも可能です。

早期アクセスである現在でも最初から最後までフルにプレイすることが可能。コミュニティからのフィードバックを受けて仕上げていくという本作は、2022年の終わりまでに正式版をリリースする予定であるとのことです。

『Withering Rooms』はWindows向けにSteamにて1,520円で早期アクセスを実施中です。


《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『龍が如く7外伝 』出演をかけた“生キャバ嬢オーディション”開催決定

    『龍が如く7外伝 』出演をかけた“生キャバ嬢オーディション”開催決定

  2. いよいよゲームプレイが公開!制作期間8年のゾンビサバイバルACT続編『Dead Island 2』ショーケース配信が告知

    いよいよゲームプレイが公開!制作期間8年のゾンビサバイバルACT続編『Dead Island 2』ショーケース配信が告知

  3. プレイの都度異なる展開自体が脱出の鍵!サバイバルホラー新作『Do Not Open』海外PS5で発売―Steamで11月30日発売予定

    プレイの都度異なる展開自体が脱出の鍵!サバイバルホラー新作『Do Not Open』海外PS5で発売―Steamで11月30日発売予定

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』アプデ適用後は、「称号」に注意!ギルドカードにおける不具合と解消方法を告知

  5. 『原神』Ver.3.3で「放浪者」「ファルザン」実装決定!性格はそのままに「スカラマシュ」が仲間入り

  6. ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール

  7. 最新プロレスゲーム『AEW: Fight Forever』ゲームプレイトレイラー!人気レスラーたちが魅力を紹介

  8. 初心者から熟練者まで簡単に試作できる電子回路シミュ『CRUMB Circuit Simulator』Steamでも配信開始

  9. 『ニーア オートマタ』全世界累計出荷・ダウンロード販売本数700万本突破!

  10. 今年の旅路を振り返ろう!『No Man’s Sky』2022年開催の「共同探検」が再登場

アクセスランキングをもっと見る

page top