『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

なおLinkedinによると、パウエル・サスコ氏は現在ワルシャワ在住とのことです。

ニュース ゲーム業界
『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も
  • 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も
  • 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も
  • 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

CD PROJEKT REDクエストディレクターパウエル・サスコ氏はTwitterにて、『サイバーパンク2077』続編プロジェクト「Orion」にも携わることを公表しました。

サスコ氏とは、『ウィッチャー3 ワイルドハント』と『サイバーパンク2077』の開発に、リードクエストデザイナーとして関わったCD PROJEKT REDスタッフです。Twitchでゲームをプレイしながら開発の舞台裏を明かすなど、積極的にユーザーと交流している同氏。現在はクエストディレクターとして、『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由(PHANTOM LIBERTY)」の開発に取り組んでいます。

今回投稿されたツイートによると、拡張パックのリリース後、サスコ氏は「Orion」の開発に集中するといい、『サイバーパンク2077』を担当したコアチームと共に、新スタジオを設立するためアメリカ・ボストンへ移住するとのことです。新スタジオは北米チームにとって基盤になるものであり、カナダ・バンクーバーや本社があるポーランド・ワルシャワのスタッフと、連携を取りながらゲーム開発を進めることがアナウンスされました。


ワールド・オブ・サイバーパンク2077 (G-NOVELS)
¥4,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

ホビージャパン サイバーパンクRED ルールブック
¥7,920
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  2. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  3. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

    独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  4. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  5. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  6. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  7. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top