ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール

水やりが簡単になるほか、害虫やその対策、野菜の生育なども大幅変更。

PC Windows
ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール
  • ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール
  • ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール
  • ゾンビサバイバル『Project Zomboid』次期アップデート計画を一部公開―農業システムがオーバーホール

The Indie Stoneは、ゾンビサバイバルシミュレーション『Project Zomboid』について、現在取り組んでいるバージョン42についての開発情報を公開しました。

バージョン42では、農業関連のシステムに大幅なオーバーホールを実施。最優先事項としては、ジョウロでの植物への水やりについて、サブメニューを使用するのではなく対象をクリックして行えるよう変更を目指しているようです。

また、植物ごとの生育期の設定や、害虫とその対策などのシステムを追加。ジャガイモなどは種だけではなく野菜自体を畑に植えられるようにする、トウモロコシやえんどう豆などは乾燥させて種を長期保存させられるなど、野菜ごとの育成方法にも新たな要素が加わります。さらに、家の中にある観葉植物も適切な水やりをしないと枯れてしまうようです。

『Project Zomboid』はSteam早期アクセスにて配信中。現在の最新安定版バージョンは「41.78.12」です。


Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

    ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

  2. 西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

    西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

  3. 『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

    『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

  4. 航海ストラテジーADV『Sailing Era』体験版に日本語追加―荒波に立ち向かい、異国の港を訪れ貿易しよう

  5. 『オーバーウォッチ 2』の新ヒーロー「ラマットラ」の開発映像が公開―2形態を切り替えて戦うタンク

  6. 2年目の新規コンテンツ登場!『ファークライ6』拡張「Lost Between Worlds」発表―詳細は30日午前3時お披露目

  7. 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」

  8. 『シロナガス島への帰還』PC版販売本数10万本突破―発売から2年8カ月で達成

  9. 初心者から熟練者まで簡単に試作できる電子回路シミュ『CRUMB Circuit Simulator』Steamでも配信開始

  10. 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ

アクセスランキングをもっと見る

page top