『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ

今作の成功もあってか、金銭的な懸念はないとのこと。

PC Windows
『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ
  • 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ
  • 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ
  • 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ
  • 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ

北欧神話サバイバル『Valheim』のリードアーティストRobin Eyre氏とシニアデベロッパーJonthan Smårs氏は、同作の続編の可能性についてGamesRadarによるインタビューで明かしました。

記事によると、インタビュアーによる「『Valheim』の続編を制作する可能性はあるか?」との冗談めかした質問に対してEyre氏は軽く「はい」と答えた後、開発会社Iron Gateが彼の案を既に1つ却下したことを注意付けしました。

提案したのは続編というよりはスピンオフに近いものとのことで、「灰色ドワーフを主人公としたドット絵の横スクロールゲームで、バイキングと戦う内容だった。そこで得たものを本編に引き継げるようにしたかった」と語っています。

Iron Gateは現在、本作に関連する新しいプロジェクトのアイデアを広く模索しており、本作の成功もあってかそこに金銭的な懸念はないとSmårs氏は言います。また、氏は同社が本作の有料DLCを作成しないことも確認したと明かし、できれば近い将来の内に早期アクセスを脱するため、今は残りのゲーム内環境の開発にチームは取り組んでいると締めくくっています。

続編にも期待の『Valheim』は、PC(Steam)向けに早期アクセスで配信中です。


「Amazonブラックフライデー」はこちら
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  3. 2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

    2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

  4. 『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』がロールバックネットコードを引っ提げSteamで復活!PS4/スイッチ/GOG.comにも7月22日登場

  5. 基本無料クラフトサバイバル『Once Human』プレイヤー拠点のアイテムや建物が消失してしまう問題について告知

  6. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  7. DLCを買ったりアンロックに苦労したりする必要はない―高評価『スマブラ』ライク格ゲー続編『Rivals 2』追加キャラは全て無料配信すると発表

  8. 汝の王国を築き上げよ…中世ファンタジーサバイバルクラフト『Crestfallen: Medieval Survival』Steamにて早期アクセス開始

  9. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  10. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

アクセスランキングをもっと見る

page top