ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

「パッチ3.20.0」も配信され、様々なコンテンツ追加・修正・変更が行われています。

PC Windows
ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装
  • ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装
  • ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装
  • ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装
  • ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

デベロッパーGrinding Gear Gamesは、自社が手がけるハクスラARPG『Path of Exile』に、日本語に対応する「パッチ3.19.2b」を配信しました。

本作は、2013年10月にリリースされたアクションRPG。すでにリリースされてから9年の歳月が過ぎていますが、大型アップデート毎に同時接続数が伸びるなど未だ人気は健在です。2022年2月には、大型アップデート「Siege of the Atlas」の配信に伴い、同時接続数16万人の新記録を打ち立ていました。

2021年には日本語翻訳者の募集を開始しており、2022年に「Siege of the Atlas」に関するQ&A動画で日本語の実験的な実装が行われていることが判明していたことから、日本語実装に対する期待が高まっていました。

Path of Exile: The Forbidden Sanctum Content Reveal

さらに「パッチ3.20.0」も配信。新リーグ「The Forbidden Sanctum」の導入、新しいオプションのゲームモード追加、新しい占いカードの追加、サウンド・アート・エフェクト・環境の改善など、新コンテンツや機能が追加されています。また、埋もれた宝物がグロットマップで見つかるようになるなどの変更や問題の修正も行われています。多岐に渡る変更に関しては、パッチノート(英語)をご確認ください。


《H.Laameche》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 1年でサービス終了…コナミの推理対戦ゲーム『CRIMESIGHT』―評価は高かったもののマッチングに難

    1年でサービス終了…コナミの推理対戦ゲーム『CRIMESIGHT』―評価は高かったもののマッチングに難

  2. 「けんき」がプロデュースする新作FPS『Project F』先行試遊会が開催決定!開発は最終段階か

    「けんき」がプロデュースする新作FPS『Project F』先行試遊会が開催決定!開発は最終段階か

  3. 100人マッチの攻城対戦ACT『Warlander』最大同接17,000人突破!発売後初の週末でプレイヤー数が一気に増加

    100人マッチの攻城対戦ACT『Warlander』最大同接17,000人突破!発売後初の週末でプレイヤー数が一気に増加

  4. 『Dark and Darker』次回プレイテスト日程発表!前回テストは100万人参加の期待作

  5. サバイバルホラー『Negative Atmosphere』体験版早期アクセス開始―死亡した元クルーの検死やサンプル採取を体験

  6. 帰宅したら国がまるごと焼失…王国再建を目指す『Super Fantasy Kingdom』ストアページ公開

  7. 『Dead Island 2』には最もエキサイティングな要素の1つ「スキルデッキ」システムが搭載!カードを組み合わせて能力を入れ替え

  8. YouTube発の人気不条理アニメがゲームに!『ENA: Dream BBQ』Steamページ公開

  9. 『オーバーウォッチ 2』開発チームが寄せられた意見に回答―ランクシステムの不透明性や、“ワンショット”についての認識など

  10. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

アクセスランキングをもっと見る

page top