ユリ・ゲラー、ユンゲラーの宣伝す。ポケカ復活の噂に「私を許してほしい」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ユリ・ゲラー、ユンゲラーの宣伝す。ポケカ復活の噂に「私を許してほしい」

長年のユンゲラー問題もこれにて完全に決着?

ニュース
ユリ・ゲラー、ユンゲラーの宣伝す。ポケカ復活の噂に「私を許してほしい」
  • ユリ・ゲラー、ユンゲラーの宣伝す。ポケカ復活の噂に「私を許してほしい」
  • ユリ・ゲラー、ユンゲラーの宣伝す。ポケカ復活の噂に「私を許してほしい」

超能力者・タレントとして知られたユリ・ゲラーは、自身のTwitterにて、『ポケモンカードゲーム』に「ユンゲラー」が復活する噂に触れ、コメントを行いました。

『ポケモン』の初期に登場した「ユンゲラー」は、その名だけでなく、当時、ユリ・ゲラーの代表的な「超能力」のアイコンであったスプーンを手にしたねんりきポケモンです。そのモチーフ性をうけてか、1999年にユリ・ゲラーは米国で任天堂に対し訴訟を提起しています。なお、今日では、誰ともなく、その直接のきっかけとなったのは当時『ポケモンカードゲーム』の「ユンゲラー」がユリ・ゲラーの目に留まったためであるともまことしやかに囁かれています。

ユンゲラー
ユンゲラー進化のフーディンでもスプーンは手放さず

いずれにしても、以降は長年にわたり『ポケモンカードゲーム』の「ユンゲラー」は復刻されていませんでした。しかし、2020年末ごろにユリ・ゲラー自身が「ユンゲラー」をもう問題視していないと明らかにしたことや、今回海外サイトPokeBeachなどが『ポケモンカードゲーム』に「ユンゲラー」が復活する噂を報じたことを受けてコメントに至ったようです。

Twitterでは「許してほしい」という端的な内容でしめくられているユリ・ゲラーのコメントですが、PokeBeachを通じて発表された内容ではより詳細に以前の訴訟についても触れ、「私は愚かであった」と語っています。

長年のユンゲラー問題もこれにて完全に決着、となるか注目が集まります。


ポケモンカード【ユンゲラー LV.40 ●】No.064 旧裏面
¥780
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
スリーパーとポケモンがえり!?

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  2. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

    無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  3. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

    『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  4. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  5. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  6. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  7. 『コール オブ デューティ』新作と思われるティーザーサイトが見つかる―6月開催「Xbox Games Showcase」でお披露目か

  8. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  9. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top